Let it BEAT?

バトントワーリングを広く世の中へ 佐々木敏道のブログ

バトントワリングという芸術

   

交響曲を聞いています。連日連夜。
クラシックは嫌いではありませんが、特別な思いがあるわけでもありません。
ただ好きなのはその考え方。
過去に存在した偉大な作曲家の残した曲を、実に多くの人がああでもない、こうでもないとこねくりまわしてきた。かつ進行形。

一番最初にそれを知ったときは、『あほちゃうか…』と思いました。
はい、私があふぉでした。
新しく生み出すことと、ひとつのことを練り上げていくことに優劣はありません。

バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト。
世界三大作曲家。
知っているようで何も知らなかったことを知りました(ややこしい)

初期のCDの記録時間は、交響曲第九番の演奏時間をもとにしているらしい、とは過程で得た雑学。
とにかく長いんですよね。
長いからこそ、作曲当時を想像してしまう。
同じフレーズの繰り返しかと思いきや微妙に違うのは、作りながら不安になったの?とか、突然音をぶったぎって全然別のフレーズになるのは、もしかして飽きちゃった?とか。
聞けば尤もな意図も、「それ、絶対後付けやん。。」とか。
もちろんそこには指揮者の解釈も含まれる。
ものすごく人間臭い。(と勝手に思っている)

クラシックバレエ然り。
白鳥、眠り、くるみ割り。
過去に作られた作品をひたすらに繰り返す。

芸術の本質ってこれなのかもしれない。
同じ(ように見える)ものを、寄ってたかって論じる行為。
同じだからこそ技術の優劣がはっきりするし、感性が問われる。
見る側も試される。選ばれる。

バトンもここに向かってみたい。
芸術スポーツとの冠を抱いているのだから、間違ってはいないはず。
ソロで、ペアで、チームで、公演で。
過去の素晴らしい作品を演じる日に向かって、そこに残るような作品を生み出すこと。
大それた野心は、年々増えていく。

 - バトントワーリング

        

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  こちらの記事もどうぞ

これってトワラーあるある?ドラム式洗濯機が楽しすぎる理由

拝啓 側にいるのが当たり前だったから、あまり構ってやれなかったね。失って初めて大 …

向上心と競争心への誤解

人には本来向上心が備わっている、と信じている。 できなかったことができるようにな …

バトンの正式名称は『バトントワリング』から『バトントワーリング』へ

日本バトン協会設立後初の全日本選手権大会と日本代表選考会が3/21~23まで日本 …

京都府庁表敬訪問

京都の府知事である山田啓二さんにお会いしました。 日本選手団の表敬訪問としてです …

バトン用語の言いまつがい、聞きまつがい、勘違い。カトルて。

少年たちの好奇心とか疑わない純粋な心がきっかけでした。仲間内だけで通じていた言葉 …