Let it BEAT?

バトントワーリングを広く世の中へ 佐々木敏道のブログ

ブタカンにまつわる面映ゆい出来事

   

業界用語について。

面映ゆい感じのする不思議な用語集。昨日舞台監督さんとの打ち合わせ中にふと思い出した。…面映ゆいって初めて使ったけど、語感のオモハユイ感じがびっくりするほどジャストフィット。
仕事内容何てこの際どうでもよくて、、、いや、どうでも良くなかった。めっちゃ大事。舞台を作るうえでなくてはならない存在です。それはおいといて。注目したいのは、そこじゃない。

普段競技の世界では関わることが少なくて、主に発表会、リサイタル、公演等の舞台上で出会うジャンルの方。その機会もそんなに多くはないから、これまでは謎の職業だった。もともと主催であるスクールの先生が演出、構成、振付、指導、デザイン…とすべてのトップに立っているのに、突然舞台上に現れる同等の立場の人。未だに謎の部分もあるけど、一緒に仕事をすることでなんとなくわかってきた。その謎の職業の方を初めて認識した頃の話。

どこか地方の発表会のゲスト出演だったと思う。いや、全日本チクワ品評会だったっけ?どっちでも良いや。そんな会に呼ばれたことないし。主催の先生との会話の中で出てきた怪しい単語。
「お嬢さん、一緒にタンゴ踊りませんか?」と言いそうになった。もちろん節度ある紳士、そんなことはそうそう言いませんが。フェイントにひっかかった人は速やかに申し出るように。

お祭り

『ブタカンに聞いてくるね♪』
そうです。その先生には長年連れ添った腐れ縁、働きもせず、ふらふらとギャンブル三昧。
遂には窃盗罪で豚箱で缶詰にされている(隠語)旦那がいたのです。こともあろうにその旦那に聞いてくる、と。
『先生…まだ彼のことを引きずっていたなんて…』
そんな私の想いを知ってか知らずか。すたすたと謎の職業の方のもとへ。

舞台監督―wikipedia―
舞台監督(ぶたいかんとく)は、舞台上で行われるコンサート・イベント・演劇などで、演出家(もしくはそれに相当するクリエイター)の意向を汲み、その伝えたいイメージを具現化するスタッフの調整・指揮・進行管理をする責任者である。スタッフの間では「ブカン」「ブタカン」と呼ばれる。なお、映画監督に対応する創作上の責任者はあくまで演出家であり、舞台監督の仕事はむしろチーフ助監督に近い。

ブタカンって。
いつかその呼称を使う日が来るのでしょうか。

 - バトントワーリング

        

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  こちらの記事もどうぞ

あるトワラーの練習中に起こった二つのプチ奇跡

誰だって奇跡のような出来事ってあると思いますが、何か一つに打ち込んでいるときほど …

向上心と競争心への誤解

人には本来向上心が備わっている、と信じている。 できなかったことができるようにな …

バトン部歓喜!サンスター文具からみんなの部活ノート『バトントワーリング部』が発売!

かつてこれほど嬉しかったことがあっただろうか。 バトンがマイナースポーツに甘んじ …

となりの人間国宝さんに水野啓子バトンスクールさんが紹介されました♪前編

関西テレビのよ~いドン!『となりの人間国宝さん』 ~兵庫・西宮北口をぶらり歩き編 …

志水千代子先生がわたしにしてくれたたくさんのこと。

本協会副理事長、ナゴヤゴールデントワラーズの代表でありました志水千代子氏(享年6 …