Let it BEAT?

バトントワーリングを広く世の中へ 佐々木敏道のブログ

ほかのスポーツを楽しむ選手は怪我をしにくい?

   

テニス『ほかのスポーツを楽しむ選手はケガをしにくい』


調査の結果によると、ケガをしたアスリートのうち、テニスのみをしていたプレイヤーは、平均週12.6時間を系統立った練習に、そして2.4時間を気晴らし的な自由な練習にあてていた。いっぽう、ケガをしなかったプレイヤーの場合は、テニスの練習に費やした時間が週9.7時間、ほかのスポーツでの気晴らしに費やした時間が同4.3時間だったという。(中略)
「単一のスポーツをするアスリートにとって、自由にスポーツを楽しむ時間を増やすことがケガの予防になるのではないか、というのがわれわれの仮説です」
研究結果より)

という記事を見つけました。感覚的にそりゃそうやな、と感じます。使う筋肉が偏ればバランスが崩れて怪我に繋がるはずです。
2グループの競技成績がついてればベターなのに。単一のスポーツに特化する理由は競技力をつけること(もしくは好きすぎて…?)だから、怪我もしにくく、結果も出せるだと現場に活かしやすいのになー。

頭でわかってはいてもなかなか指導の現場で、「おい磯野!缶けりやろうぜー!!」とか言いにくい。
生徒とやったことあるけど…?

同じスポーツをやり続ける前提で、筋負荷のバランスが良いようなメニューは組めないものだろうか。かつ成績にも良い影響を与えるような。

 - アイデア, 研究・調査

        

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  こちらの記事もどうぞ

エフゲニー・プルシェンコ選手の壮絶な棄権理由からスポーツの現場について考える。

【知ってほしい】 プルシェンコ31歳の真実- ▼腰にボルト3本・人工椎間板が入っ …

no image
てらりすと『LIGHT』その後

5月5日エントリー記事てらりすと『LIGHT』 でボーカリストの新良エツ子さんの …

利他的な人は嫌われる?

  「利己的でないメンバーをグループから放逐したいという願望」 (Pe …

バトントワラーやフィギュアスケーターは左回りなのに、なぜバレリーナは右回りなの?

photo by wallpapers 今日は無駄に壮大な話です。 バレエについ …

フィギュアスケートGPファイナルでの羽生結弦選手の高すぎた得点に対してのコメントが好き

よくあるお話。 ジャッジの点数が低いことや、不当に低い(と感じる)採点をされたこ …