Let it BEAT?

バトントワーリングを広く世の中へ 佐々木敏道のブログ

ほかのスポーツを楽しむ選手は怪我をしにくい?

   

テニス『ほかのスポーツを楽しむ選手はケガをしにくい』


調査の結果によると、ケガをしたアスリートのうち、テニスのみをしていたプレイヤーは、平均週12.6時間を系統立った練習に、そして2.4時間を気晴らし的な自由な練習にあてていた。いっぽう、ケガをしなかったプレイヤーの場合は、テニスの練習に費やした時間が週9.7時間、ほかのスポーツでの気晴らしに費やした時間が同4.3時間だったという。(中略)
「単一のスポーツをするアスリートにとって、自由にスポーツを楽しむ時間を増やすことがケガの予防になるのではないか、というのがわれわれの仮説です」
研究結果より)

という記事を見つけました。感覚的にそりゃそうやな、と感じます。使う筋肉が偏ればバランスが崩れて怪我に繋がるはずです。
2グループの競技成績がついてればベターなのに。単一のスポーツに特化する理由は競技力をつけること(もしくは好きすぎて…?)だから、怪我もしにくく、結果も出せるだと現場に活かしやすいのになー。

頭でわかってはいてもなかなか指導の現場で、「おい磯野!缶けりやろうぜー!!」とか言いにくい。
生徒とやったことあるけど…?

同じスポーツをやり続ける前提で、筋負荷のバランスが良いようなメニューは組めないものだろうか。かつ成績にも良い影響を与えるような。

 - アイデア, 研究・調査

        

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  こちらの記事もどうぞ

バトンのキャッチ難度に関するアンケート結果

一部の皆様お待たせいたしました! ついにキャッチ難度のデータの集計が終わりました …

バトンのボールとティップの謎

長年の疑問であるボールとティップの謎についての調査をしました。 【目的】 ボール …

バトントワラーやフィギュアスケーターは左回りなのに、なぜバレリーナは右回りなの?

photo by wallpapers 今日は無駄に壮大な話です。 バレエについ …

国際バトントワーリング連盟(IBTF)設立で加盟国が増える?

2013年4月1日、日本マーチングバンド・バトントワーリング協会のバトン部門と日 …

バトンの技は何種類あるの?知らないでは済まされない10種類の技

あるバトントワラーから、「トップ選手でだいたい何種類ぐらいの技ができるの?」とい …