Let it BEAT?

バトントワーリングを広く世の中へ 佐々木敏道のブログ

サンプリングミュージック

   

sampling

視覚的効果について考えています。
それは舞台でなければならない理由を探すことでもあります。
(私にとって)面白い動画を見つけました。
音楽にもさまざまな楽しみ方があって、目で楽しむ良い例だなと思いました。


David Ford – “Go to Hell” Original Signal Recordings

一人のミュージシャンが音をサンプリングして重ねていくのですが、システマティックに構築されていく音楽が何とも心地よい。
これと似た手法で私も振付をすることがありますが、必要な機材があれば、すぐに舞台に応用できるなーと思ったり。
機材なしで出来ないかなーと思ったり。

 - アイデア

        

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  こちらの記事もどうぞ

フィギュアスケートGPファイナルでの羽生結弦選手の高すぎた得点に対してのコメントが好き

よくあるお話。 ジャッジの点数が低いことや、不当に低い(と感じる)採点をされたこ …

ピタゴラスの定理

Xの二乗等とはなんら関係ありません。 もちろん名曲『紅』とも。 強いて言うなら私 …

シルク・ドゥ・ソレイユ×魔法のランプ☆新たな夢の世界

Any sufficiently advanced technology is …

ま、マクガフィン。。?

映画等作劇上の用語らしい。 Twitterで初めて聞いたこの用語に何かしら感じる …

フィギュアスケーター伊藤みどりさんの言葉が響いた

フィギュアスケートとバトンって知れば知るほど似ているなーと思います。それは審査に …