Let it BEAT?

バトントワーリングを広く世の中へ 佐々木敏道のブログ

バトントワリングという魔法

   

洋書「太宰の本は、読んでおいた方がステージ楽しめますか???」
というB.E.A.T.ShowⅡへの質問をいただきましたので、『良いクエスチョンですね!!』と某誰かが言ったとか。

映画や舞台等で、元ネタを使った演出やパロディを見かけます。たとえ元ネタを知らなかったとしても何かそれらしい雰囲気というものがあって、後で知ってなるほど!となったり、あの有名な場面をそんな風に!っていうのが個人的には好きです。その反面、周りのお客さんが笑っている中で一人疎外感を感じることもあります。

バトントワリングには小細工なしで魅せるパワーがあります。わずか200gの棒を自由自在に扱う魔法使いたち。躍動する身体と高速回転するバトンのコラボレーションにわくわくします。
おとぎ話に出てくる魔法使いたちは、気まぐれに現れては小粋な魔法で助けてくれますが、実は魔法の国にいる間はもっとすごい魔法を使うことができます。だからこちらの世界では12時になると魔法が解けてしまったり、3つしか願いを叶えることができなかったりするんですね。
舞台はバトントトワラーにとっての魔法の国。彼らは舞台上でどんな魔法を使うのか… 私はそれをひたすら考え続けています。B.E.A.T.Showは予備知識なんかなくったって楽しめるものを作ります。

P.S.
とは言っても伏線・設定フェチの佐々木なのでもし見つけた場合は、隣の人にそっと教えてあげてください♪
P.S.2
『Chaplin』にもかなりの伏線を張りましたが、出演者でさえ気づいていないものも多いはずです(笑)

 - B.E.A.T.Show, バトントワーリング

        

Comment

  1. Ten より:

    ありがとうございます~
    究極のコメ返し!読者冥利に尽きます!
    魔法にかけられうっとりしながらも、『見ーっけ?』とニンマリしたいものです…

  2. tosswi より:

    最強の魔法の国を作っているところです♪

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  こちらの記事もどうぞ

B.E.A.T.ShowⅡー人間失格ーが終わりました。

B.E.A.T.ShowⅡー人間失格ー東京公演ならびに、京都ー福岡ー東京と続きま …

日本テレビ『NEWS ZERO』 にバトントワラー駒田圭佑選手が紹介されました♪後編

日本テレビ『NEWS ZERO』後編です。 この記事の前編を読む

バトントワラー相川友貴の―人間失格―における役割と価値

「B.E.A.T.Showの良さは?」 →「見ればわかる!!」 はい、そのとおり …

食通ならぬ、バトン通に送る振付家からの挑戦状

振付が好きでした。というより練習が嫌いでした…(´・ω・`) 『すげー技できるの …

チャップリン出演者紹介その2(?)

とあるグルメシティを歩いていたら、悩ましげなおじさまに出会いました。 こ、これは …