Let it BEAT?

バトントワーリングを広く世の中へ 佐々木敏道のブログ

第7回(2013)WBTFインターナショナルカップ日本代表選手強化練習会

   

第7回WBTFインターナショナルカップ日本代表選手強化練習会に強化委員兼強化アドバイザーとして参加しました。@はびきのコロセアム

昨年ワールドカップの強化合宿に同じ立場で参加しましたが、インターは初めてでした。
まだまだ私の伝える力が足りないと実感。
伝え方や伝えるタイミング等他のアドバイザーの先生方から学ぶべき点が多かったです。
何を伝えるか、と同時に何を伝えないかも大事だと感じます。
情報を洪水のように流すことからそろそろ卒業せねば。
何はともあれ日本の選手には頑張ってほしい。

昨年のワールドカップを思い出します。
バトンの技術が高いことと、世界大会で勝てることはイコールではないのです。
それはメンタルに限らず、戦略的な面も含みます。

tonneru

昨日の練習会でこれはやばいのでは…?と思ったのは、
数十人見た中で一人もノードロップで踊った選手がいなかったこと。
全日本も全体的に完成度が低かったように思います。
もちろん全員ではありませんが、選手側のドロップに対する意識の低さが結果にシビアに反映されていくような気がしてなりません。
選手に自信を持たせることが目的の練習会でもあったため、
『はぁ!?取る前に諦めたらあかんやん!』
的な暴言を分厚いオブラートに包む作業が精神的にすごく疲れました。

ええ、これじゃただのおっさんの愚痴なので、これを読んでしまったトワラーは奮起して頑張ってください。
誤解を恐れずにあえて断言すると、

ノードロップが一番偉い
んですyo!

 - バトントワーリング, 大会・競技会・選手権

        

Comment

  1. Aic より:

    よーく解ります。そのジレンマっていうか??
    No drop達成は偉いのですが、落とさないようにするため両手でキャッチや
    バトンを追いかけてキャッチしたりグラブしたり、ロールをチートしたり
    その上怖々バトンを廻して、守りに入ったバトンは感動がありますか?
    バトンの技術向上の練習以外にメンタルの練習をしないのは何故??
    教えて下さい。

  2. tosswi より:

    指導や興行に当たり私が当たり前のこととしてやってきたことを
    していない選手やさせてきていない指導者が多いことに驚いています。
    これまでの審査基準では最重要事項ではなかったのかもしれません。
    今後の発展に心から期待しています♪

  3. ありか より:

    惜しいミスも明らかなミスもミスはミスと言うか…
    上手く言えませんが、やっぱり難しい技でも落とすと『あー↓↓』と思ってしまいます。
    審査基準がわからないので安易な事は言えませんが。
    ノードロは素敵(*^^*)

  4. tosswi より:

    ノードロ素敵です☆
    落ちない構成にすれば確立は高まりますが、
    ハイリスクかつノードロには更に大きな価値があるので
    そのバランスにはいつまでも悩まされます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  こちらの記事もどうぞ

メダルの数で振り返る、過去30年間のバトン世界大会の歴史

1980年に始まった世界大会も今年で32回目。 第32回イギリス大会で日本は20 …

第32回(2014)世界大会直前!これだけ知っておけばきっと楽しめるよね?ね!

通常なら盛り上がっていくところ世界大会間際はみんな忙しい、というわけで! 勝手に …

バトンを仕事にしよう

『バトンを仕事にしたい!』 もちろん今もバトンが仕事で、これまでもバトン以外の収 …

バトントワリングという魔法

「太宰の本は、読んでおいた方がステージ楽しめますか???」 というB.E.A.T …

日常におけるバトントワリングの効能~ハニーフラッシュバック~

娘の献身に…いや健診に行った時のこと。 突然保育園の同級生のお父さんに声をかけら …