Let it BEAT?

バトントワーリングを広く世の中へ 佐々木敏道のブログ

進路についてのお話。

   


進路について悩んでいる生徒さんがいます。
Aさん(仮)はバトンのスクールに小さな頃から通っていて、そのスクールでは年齢的にもリーダーとして毎日楽しくレッスンに励んでいます。
バトンが好きで続けてきましたが、進学という壁にぶつかりました。
①今のスクールで続けていきたいという気持ち
②同世代の仲間がたくさんいる環境で(クラブ活動で)バトンをしたいという気持ち
三つ目の選択肢として両立!がありますが、距離と環境の二点で私は不可能だと判断しました。
私の立場で物を言えればいいのですが、そこに問題があります。
プレイヤーとしての視点。
スクール側の指導者としての視点。
学校のクラブ活動を見るコーチとしての視点。
その三つが今の私の立場です。
最終的には本人が納得のいく判断を下すべきですが、 一度関わった以上何か手伝ってあげたいと思っています。
バトンとAさんが幸せな関係であってほしいです。
何分圧倒的に経験不足ですので、この話についての御意見やご感想などございましたら書き込んでくださるとありがたいです…

 - バトントワーリング

        

Comment

  1. ちえ より:

    私は7歳から今に至るまで18年ほど、同じスクールにいます。
    なのでそういう位置からしか言えませんが。
    スクールと、クラブ活動ではかなり環境がガラッとかわりますよね。
    スクールで年下が増えてしまうとどうしても「自分とバトン」という時間が減ってしまいます。
    思い切って同世代の中に飛びこんでみることで新しい環境で新しい刺激をうけて、いずれ成長してスクールに戻るっていうのも素敵なことではないかなと思います。
    個人的な感想になってしまいました。
    ごめんなさい。

  2. tosswi より:

    そうですね、Aさんは子供たちの面倒を見てあげたい!というような年齢ではなく自分の目標があるそうです。
    私もPLから独立させていただきましたが、PL時代の師匠にはいまだにお世話になり続けています。
    指導者と良い信頼関係を築いてほしいです[絵文字:i-176]
    Aさんがコメントを読んでいれば[絵文字:i-179]きっと嬉しいと思います。
    どうもありがとうございました[絵文字:i-189]

  3. かなまむ より:

    もう遅いコメントですかね?
    結構、そういう岐路に立って悩む生徒っていますよね。
    私個人としては。
    「悩む」ってコトは心が揺らぐ→クラブ活動が選択肢に入っている訳ですから・・・。
    そんな時は、思い切って経験してしまえば良いんです。
    「しなかった後悔より、してしまった後悔」の方が、人生の上にどれだけ役立つか!
    ・・・と、かなりハードに言ってしまいましたが。
    同世代の中で経験できることって、ほんのひと時の間ですよ。とても大事な時間です。
    で、色々経験した結果・・・きっと自分の故郷であるスクールの居心地の良さ、感謝の気持ち・・・モロモロで。きっと帰って来られるんじゃないかと。それってステキなことです。
    個人的な意見です(;´▽`A“
    実際、自分の教室から「クラブ活動に重点置きます」って言われたら、血圧上がりそうですけど[絵文字:v-42]

  4. tosswi より:

    確かに悩んだ時点で心が行ってしまっていたようです。
    そして行く決断をして、指導者との話し合いも何とか済みました。
    自分も迷うことは全部「やる派」で自分の経験してきたことでしか話はできませんでした。
    ただ、一生を左右しかねない決断を独断でやる派に引っ張るわけにはいきませんでした。
    故郷は居心地がいいですね[絵文字:i-202]
    それに気付くときがくるのでしょうね。
    「自分の生徒」と関わる環境にないので、わかりませんが、やはり大きなダメージなんでしょうか?[絵文字:i-183]
    佐々木を含め生徒さんが自分に合った指導者を選べるようになったらいいなと常々思います[絵文字:e-277]

  5. みう より:

    みうです。
    私は学校バトン出身でスクールのことはまだよく分かっていませんが、部活のバトンを経験することはとってもいいことだと思います。
    縦のつながり(上下関係)とか秩序と礼節を学べたりなど。スクールでは学べないこともあると思います。(部活ならではの)
    私は学校バトンの6年間でイベントに参加したりなど楽しい行事も沢山ありましたが、先輩からも同級生からもいじめにあいましたし、理不尽なことで先生にもよく怒られました。
    ですがその経験があるからこそ負けん気も人一倍努力することもいろんなことを学んで成長して、今の自分があると思います。私の学校はコーチが大会前など少ししかいらっしゃらなかったので、上手な選手のビデオなどを見たりしてどうしたら技が出来るようになるか自分で考える力もそれなりについてきていると思います。
    なので一度学校バトンを経験するのも悪くないと思います・・・
    文章に自信がない割にはすごく個人的な意見を書きまくっちゃいました。
    ごめんなさい。

  6. tosswi より:

    意外と苦労なさっているようで[絵文字:i-230]
    私も学園時代は厳しい上下関係の中で育ててもらいましたが、今では大切な想い出です。
    つらければつらいほど後で大きな笑い話にもなりますからね♪
    素敵な意見ありがとうございました[絵文字:e-68]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  こちらの記事もどうぞ

バトントワラーの必需品 スピーカー電池にまつわる大事なお話。

スピーカーへの情熱については以前無駄に触れました。 今日はスピーカーとは切っても …

一次合宿

世界大会の合宿に来ています。 岸和田の体育館の周りを散歩中に何か発見。 …。 亀 …

本気だからこそ成長する。高校バトン部を卒業したあるトワラーのメッセージから

一人の高校生からメールをもらいました。一年生のときにコーチとして指導、その後振付 …

大邂逅!!刺激的ビフォーアフター コンパル&ショート講習会in東海で初めてコラボした

日本バトン協会東海支部主催 第17回コンパルソリー&ショートプログラム講習会が名 …

no image
第33回(2016)世界大会について

スウェーデンで開催された世界バトントワーリング選手権大会が幕を閉じました。 今回 …