Let it BEAT?

バトントワーリングを広く世の中へ 佐々木敏道のブログ

能・狂言・歌舞伎の違いをわかりやすく

   

nohgakudoここしばらく『和』について考えています。
自分の生まれ育った国なのに、いざ演出してみよう、となると非常に難しい。
世の中に『和風』は溢れているけども、『和』に触れることは少ない。
そうとは気づかずに過ごしているだけかもしれないけれど。
日本人よりも日本を良く知る外国人に負けてはいられません。

能がミュージカル、狂言がコント、歌舞伎がストリートパフォーマンス
とおっしゃる狂言師の方がいました。

歴史的には、日本人として本来逆の言い方・使い方が望ましいのかもしれませんが、なるほどな、と思いました。
1000年後のバトントワリングがどういう位置付けなのか楽しみです。

さあ、どれ見に行こう。

 - アイデア

        

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  こちらの記事もどうぞ

新体操選手の言葉の意味することは

振り付けに込められた思想と音楽のスタイルを明らかにするために手具を使うのです。 …

妄想企画シリーズ其の壱 『フラッシュモバトン』

tosswiプレゼンツ、『こんなことやってみたいよね!』企画シリーズ。 半分は本 …

EXILEに加入する日まであと…85年!

わくわくする記事に出会いました。 EXILEがこのペースで増え続けると、85年後 …

プロスノーボーダー平野歩夢選手と國母和宏さんの住んでいる世界

ソチオリンピックが幕を閉じました。競技の模様は大会の規模こそ違いますが、自分には …

japan-soundmusic.comから佐々木プロデューサーにアドレス変更のメールが届いた。

pieceofgreensky@japan-soundmusic.comの方から …