Let it BEAT?

バトントワーリングを広く世の中へ 佐々木敏道のブログ

『ロックとバトンのコラボ!』 On The Road “Where are we goin’ ?”

   


高見亜梨彩さんとロックバンドのコラボレーションライブを見に(聴きに?)行きました♪


バンドメンバーは、
・キーボードの篠原信彦さん
・ギターの長井ちえさん
・バスの富倉安生さん
・パーカッションのYAS-KAZさん
・ドラムの堀越彰さん
の五人。

生演奏のバトン演技を見たことはありますが、『ライブ』となると初めてかもしれません。ライブ会場という異空間にバトンがどう見えるのだろう、、、?と思っていましたが、私は合う☆と思いました。
ともすれば、バトンの華やかさが視覚的に空間を支配してしまいますが、演技時間を短くすることでバランスを保っていたのかな、と思います。
私がライブに不慣れなせいか少し音量大きいなー、、とは感じましたが、流石は確かな技術で音を多層に重ね一つの音を生み出すプロのミュージシャン。時間が経つにつれて身体に響くビートを心地よく感じるとともに、その関係性を羨ましく思いました。

バトンを視覚とすれば、バンドは聴覚。
コラボレーションは始まったばかり。
まだまだこの先に可能性が眠っている気がします。
ありちゃん明日も頑張って\(^o^)/

『ロックとバトンのコラボ!』 On The Road “Where are we goin’ ?”

あっ!ごめん、イケメン、酒池肉林~
…深い意味なんて無いけど?
冒頭の写真のメンバー紹介を。
左から関ジャニ∞村上信五君、多分Let it BEAT?初登場の喜田将兵くん、ありちゃん、凄腕のtosswi、そしてドランク鈴木さん改めカオナシでした。
長いこと男子の花園にいるせいか、女性って何だか新鮮…!
※バトン界は圧倒的女性社会です。


On The Road Part-1 “ROCK meets BATON”2014

 - バトントワラー, 舞台・映画・書籍

        

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  こちらの記事もどうぞ

Noism07 PLAY 2 PLAY-干渉する次元

ノイズム@兵庫県立芸術文化センターを観に行きました。 素晴らしいパフォーマーとパ …

バトントワラー佐々木敏道のプロモーションビデオ in 京都

かなり前に半分以上のりでPVの素材を撮っていました。 というのもバトンをみたこと …

映画『ボルト』の細かい描写がたまらない

ディズニー映画 『ボルト』 を見ました♪@デジタル3D きっと地上波でもやるやろ …

バトン部必見!?たまこラブストーリー

たまこラブストーリー 恋とバトンと青春と――― 京都アニメーションが贈る、完全新 …

初綾戸智絵さん。

綾戸智絵さんのデビュー10周年記念ツアーを聴きに京都会館へ行ってきました。 チー …