Let it BEAT?

バトントワーリングを広く世の中へ 佐々木敏道のブログ

今一番目に付く男の魅力ー人間失格ー

   

今一番目に付く男。
石川萌(いしかわきざす)


福岡最終日に成人した彼に与えられたキャラクターは
『真面目』
でもね、『真面目』って誰しもが持っている一面だけど、実はなかなか難しい。
『真面目』は『普通』とは違う。
「真面目にしなさい!」
の真面目、とも違う。
そんな難しい役どころを任された萌君。
答えは劇場で。
20140420235231cdf
ー人間失格ーにはバトンの技術のみを強調したシーンがあります。
『確執』と名付けたシーン。
萌は振付前の課題の段階から微妙でした。
『本番でできるかは五分五分やな。。』
とは当時の佐々木。
それが長い時間をかけてコツコツと練習を続けた結果…
京都、福岡の6公演すべて成功。
できるようになること、と
本番で成功させること、
の間には大きな溝があります。


そんな萌から福岡のあと相談を受けました。
ドロップしなかったものの、
・緊張による本番での不具合
・本番に繋がる練習とは
目標、を設定し然るべき手段を取れば物事は必ず達成できます。
問題はその後。
何を目的とした目標だったのか。
萌には目的を達成するための次の段階が見えたようです。
練習のやり方を実戦に即したものに変えようとしている。
彼の中に明確な伸び代を見ています。
真面目に取り組む真面目キャラの男。
これらが冒頭の『今一番目に付く男』の中身です。
B.E.A.T.Showは変化を大切にしています。
でも、それは振付や演出といった外見の変化ではありません。
『同じものなのに違う』
中身の変化です。
以前と比べる必要はありません。
中身が変われば必然的に見え方が変わります。
東京公演の石川萌はどんな中身になっているのか。
とても楽しみです。

B.E.A.T.Show2ー人間失格ー

 - B.E.A.T.Show

        

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  こちらの記事もどうぞ

バトントワリング公演 B.E.A.T.ShowⅡ―人間失格― を見たい3つの理由

バトントワリング公演B.E.A.T.ShowⅡ―人間失格―を見たい3つの理由

―人間失格―東京公演舞台袖編

  B.E.A.T.Show2―人間失格―終幕! 出演者を客席から眺め …

ブログの読者の皆様に失礼があってはならないと真剣に思ってはいる。

当ブログにコメントをいただきました。 >初日に行きます。 >初日だからとは言わな …

続ライトセーバー

風の中のふんーふふー♪ …前回は 「ライトセーバーが欲しいです。」 …

バトントワラー渡辺翔史の―人間失格―における一面

天性のトリックスター 渡辺翔史(わたなべしょうし) トリックスターとは、物語を引 …