Let it BEAT?

バトントワーリングを広く世の中へ 佐々木敏道のブログ

バトントワラーへの支援がバトンの未来を変えるかもしれない

   

バトンは好きで始める習い事。
家族の理解や経済的な援助がなければ続けることができません。自分(+家族)の意思で行うパーソナルなもの、を大前提に現役選手には触れにくい話をします。
私の世界大会デビューは小学校3年生、以来21年連続出場しました。
名古屋、ローザンヌ、サンアントニオ、パドバ、パリ、デンボッシュ、ニューマーケット、ジュネーブ、ジェノバ、ハワイ、リヨン、デイトナビーチ、デンボッシュ、パリ、サスカトゥーン、バダローナ、大阪、ミネソタ、ローマ、ハミルトン、そしてリマリック。
同じ国も多いのであえて都市名で書いてみました☆
「小さい頃から良い経験させてもらったね♪」
はい、本当にそう思います。同時に気になるのはかかった費用。世界大会だけでなく、レッスンや大会にまつわる諸費用を考え…ることを脳が拒否!(笑)よくこれだけの期間支えてくれたなーと。学生時代は親の援助で、フリーランスになってからは自力で。

 

選手への支援

過去に比べて経済的支援状況は改善しました。世界大会記念Tシャツの販売、協賛金、協会からの援助、代表選手講習会や各種大会演技を通して得られる支援等。支援金としての直接いただく数万円以外に、世界大会に関する経費を日本選手団に支払って頂いているものもあります。
それでも資金的にはかなり厳しかったです。それぞれのスクールの指導者&選手が自費参加で集まって日本選手団を形成します。
渡航+ホテル滞在費で30~50万円(※開催国による)。指導者分を負担する場合は×2倍。+最低10日前後の期間に対する指導料も必要です。細かくは数え切れないほどまだまだあります。個人差ありますが、世界大会1回で100万円程度かかる計算です。
日本代表選手という名誉。習い事という自己責任。
それでもまずは知ってほしいと思いました。

 

選手の試み

競技者個人として経済活動の先駆けは稲垣正司さんの後援会だと思います。競技活動のサポートを目的に年会費制で運営していましたが、競技引退の際に解散となりました。非常に画期的でした。
河津修一さんもまた活動支援を呼びかけてグッズ販売をしていました。
海外だと選手のブロマイドを販売していたこともあります。他にもあるかもしれませんが、選手はこれまで競技資金に対して様々なアクションをとってきました。

駒田圭佑選手が支援を求める活動を続けています。この活動は世界大会初出場から10年続いているそうです。
11年目の今回はジュニア代表の中原滝馬選手&シニア代表の駒田圭佑選手のグッズを販売しサポートを!という趣旨です。
K(Kのブログより転載)

 

支援の先に広がるもの

選手個人だけでなく、バトンにとって大きな意味のある活動だと捉えています。自ら支援を呼びかける活動の先には…

・経済的に余裕のないトワラーが大会に参加できる可能性
競技の継続は競技人口を支え競技会のレベル向上や認知へと繋がる道。家族のバトンへの理解にも影響するかもしれません。

・プロバトントワラーを生む可能性
支援が生活を支えるようになればプロバトントワラーへの新たな道が開けます。

今すぐ何かが変わるとは思っていません。無責任にただ続ければいいか、というとそれも微妙に違います。まずは個人の経済活動が歓迎されない現状が少しでも変わっていくことを望んでいます。
バトンの未来のために今何ができるのか。そんなことを考えています。

 - バトントワーリング, 大会・競技会・選手権

        

Comment

  1. Ten より:

    これは、後日レポート提出レベルです…また…

  2. ありか より:

    主人とは『子供にバトンを習わせるなら世界大会出場を目標に』と話してましたが…
    親の覚悟と努力も必要ですね!
    国代表だからバトン協会から援助があるとばかり思っていました(ToT)

  3. ありか より:

    続けてすみません。
    世界大会繋がりでもうひとつ。
    今、どこのチームにも所属してないのですが全日本や世界大会のDVDを購入することはできますか?
    また過去の分も取り寄せ可能でしょうか?
    すみません!

  4. tosswi より:

    Tenさんへ
    結構本気でレポートを楽しみにしているtosswiです(笑)
    ありかさんへ
    良い質問ですね~!(←古)
    バトンに限らずどのスポーツでも家族の協力は必須です。
    日本代表選手なので交通費と宿泊費までは、何らかの形で解決できないかな…と思っています。
    全日本や世界大会は基本的に会場申込のようです。
    詳しくは協会へお問い合わせください♪
    http://www.p-kit.com/usermail/index.php?id=123556

  5. 男子トワラーの母 より:

    Facebookでもこの記事を載せてください。
    ツイッターとは違うルートで現状が拡散できます。
    利用者の年齢は、ツイッターより大人が多いはず。
    奇跡がおきて、息子が世界大会となれば、渡航→合宿→大会の費用はとても、払えません。
    せめて拡散協力させてください。

  6. tosswi より:

    男子トワラーの母さんへ
    基本的にこのブログはリンクフリーです。
    日本代表選手に限らずバトンの周辺環境がより良いものになっていくことを望んでいます。
    この記事をきっかけに議論に繋がれば幸いです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  こちらの記事もどうぞ

2004年世界バトントワリング選手権大阪大会のデモンストレーション演技に鳥肌が止まらない

WBTFがこっそり公開していた懐かしい映像を見つけました(笑) 第25回(200 …

食通ならぬ、バトン通に送る振付家からの挑戦状

振付が好きでした。というより練習が嫌いでした…(´・ω・`) 『すげー技できるの …

データフェチのあなたに!第42回(2017)全日本バトントワーリング選手権大会

バトンといえば全日本。全日本といえばもちろん入賞データですよね。データを並べて、 …

トワラー必見☆シリーズ『Be magical!』 ~東京ディズニーシー編~

『必見☆シリーズ』第三弾!みんな大好きディズニー編。 東京ディズニーシーのキャス …

ギネス世界記録認定!日本のバトントワラーが新たな歴史を刻んだ日

2015年9月21日。 大阪バトン協会が快挙を成し遂げました。 【関連記事】 ・ …