Let it BEAT?

バトントワーリングを広く世の中へ 佐々木敏道のブログ

World Cup 2014ドロップに関するデータまとめ

   

スノードロップ世界大会終了から1週間。
私はある大事な結果を待っています。

たくさんの感動を生んだ第32回世界バトントワーリング選手権大会。
大会前から大会当日まで数々の記事を書いてきたのに、終わった途端書いていない理由…。
WBTFの競技結果はとても早かったです。現場の選手が知るよりも早かったかもしれません。昔はホテルに帰ってから結果が届きました。初出場の選手にはあえて結果を知らせない場合もありました。
運営サイドの素敵な仕事に感謝♪ですが、実はまだお仕事が…
それは、、、日本が20回連続、21回目の国別総合優勝をしたというのに!
まだ結果が出ていない。問い合わせを二度ほど入れてみたものの大会中の態度からは一変。私たちの突然倦怠期突入に戸惑いを隠せません。WBTFのツンデレ…いやデレツン…
とりあえず資料目的で結果を残します。国別順位が出た段階で差し替えようと思います。
2014WCResult.jpg
(8/20データ差し替え済)
ドロップについてのまとめデータ載せておきますねー。
役に立つかどうかはあなた次第!(丸投げ)

大会ノードロップ率

まずは今大会のノードロップについて。
ノードロップの演技数/エントリー数を算出。個人と個人+ペア+チーム=全体とに分けて予選、準決勝、決勝ごとのデータを出しました。

準決勝は、男子Jr.を除く個人のみ。
ノードロップのチームは無し(1~9本)
ノードロップ率は10%→30%まで上昇、という結果になりました。
決勝のドロップは個人が0~6本、ペア0~3本、チーム1~6本と部門毎の差がほぼありませんでした。

大会ドロップ平均

ドロップ数/エントリー数を算出。
決勝エントリー数の多い上位4カ国である日本(14)、イタリア(10)、USA(10)、フランス(8)【最大エントリー15】と、大会全体のドロップ数の平均をグラフ化しました。
dropaverage
※決勝エントリー数の次点がカナダ(3)、そしてベルギー(2)、スロベニア(2)、クロアチア(1)とデータの偏りを考慮して省いています。
・フランスのみ準決勝―決勝でドロップ数を減らした点、チームのドロップ1本の影響が大きいです。
・USAの準決勝ドロップ平均はなんと0.43本!
準決勝エントリー7人中4人がノードロップ、残り3人が1本と驚異的な結果でした。

まとめ

ペア、チームの決勝ではドロップペナルティによる順位の変動はありませんでした。
一方個人フリースタイルではペナルティで順位が入れ替わっています。
2012のフランス大会の傾向は逆だったはずです。これらの結果により再び各国が戦略を練ってくることが予想されます。
日本の更なる躍進を願って。

 - 大会・競技会・選手権, 研究・調査

        

Comment

  1. ありか より:

    チームによってドロップ数がこんなに違うのですね(°□°;)
    今日は真面目だなぁと思っていたら花がスノードロップとわかった時には笑ってしまいました(*^^*)
    ぬかりないですね!

  2. バトンLOVE より:

    バトンにもこんなデータあるんですね!
    スノードロップすごい!
    高度なやりとりですね。

  3. tosswi より:

    ありかさんへ
    今日は真面目、だなんていっつもふざけたこと言う人みたいじゃないですかー!
    じゃないですかぁ?
    ですかぁ?
    (やまびこ)

  4. tosswi より:

    バトンラブさん
    バトンの研究って楽しいですよね♪
    ちょっとした遊び心と合わせてお楽しみください(笑)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  こちらの記事もどうぞ

日本のバトントワラーは、はだかの王様なんかじゃないって信じてる。

はだかの王様のお話が好きです。…知ってる? そう。ある日筋トレが好き過ぎる王様が …

選手団の団扇ヽ(‘ー’#)/

アイルランドに来てから5日がたちました。 身体の調整をしながら日々を過ごし、結団 …

第37回全日本選手権観戦

第37回全日本バトントワリング選手権大会@いしかわ総合スポーツセンター 全国大会 …

B.E.A.T.ShowⅡとICの無関係

お久しぶりです。 B.E.A.T.Showをこっそりと水面下でかき混ぜまぜする男 …

2016世界バトントワーリング選手権大会の生中継用タイムテーブルできました。

いよいよ2年に1度の世界大会が決戦の地、スウェーデン・ヘルシンボリにてはじまりま …