Let it BEAT?

バトントワーリングを広く世の中へ 佐々木敏道のブログ

家族で東京ディズニーランドへ行く際に注意すべきこと 最終回

   

walt.jpgあんたいつまで夏休み気分やねん、、的な世間様の声などお構いなし。訪問先でぶぶ漬け出たら基本おかわりよ☆で有名な京都人tosswiのディズニーランド感動巨編、遂に最終回!
遂にたどり着いたTDLで待ち受けていたのは…?
ウォルト帝国の野望VS元凄腕の棒使いの決着やいかに!?

其の壱;初歩的すぎるトラブル編はこちら
其の弐;計画は綿密に編はこちら
 


もうね、ぶっちゃけ帯のキャッチコピー(↑)みたいの考えるの面倒なんすよ。
そりゃあ最初は楽しいよ?でも、字数の制限とか、言葉の言い回しとか考え始めると自らの貧弱な言葉力に絶望的な気分になって、なんでこんな書き出しにしてしまったんやろ…ってなるから超おすすめ。どエム御用達のディズニーブログ(?)はじまるよー。そして終わるよー。
もともとディズニーではジェットコースターメインで余った時間にシアター系を覗いたりしていたけれど、そこは大人の階段tosswi。新米演出家として見ないわけにはいかねえぜショー&パレード。
公式サイトから組み立てた当日のショー/パレードスケジュールはざっくりこんな感じ。
11:40 ワンマンズドリーム 30分
16:00 ハピネスイズヒア 45分
17:00 ミニーオーミニー 30分
19:30 エレクトリカルパレード 45分
20:30 ワンスアポンアタイム(※抽選次第で)

 

One Man’s Dream II ? The Magic Lives On

onemansdream.jpg
photo by TDR
通常はショーの2回目以降は抽選のところ、この日は抽選のない日でした。
私が一番見たかったショー。バトンのイベントや発表会でもよく使われる有名な作品なのに見たことがない。。曲と架空の振付なら完璧やけどな!
モノクロームの世界、ミッキーの一枚絵から物語ははじまる。

onemansopening.jpg
アリたちのラインダンスとか
bugslife.jpg
集中すると写真撮るの余裕で忘れるよねー。絵の具をばら撒いて舞台に絵を描くような、とにかく飽きさせない構成です。
前半はマジックがあったり、海賊船が出てきたり、魔女たちの怖いシーンからの王子様、そして舞踏会と。後半は、ドナルドのドタバタからミッキー登場に連なるダンスシーン。ディズニーの夢があふれる舞台でした。

「あれな、中にな、、人入ってんねんで。」と得意げに耳打ちしてきた娘が巨大なイモムシの登場に目を見開いていました。
「おーっきい人が入ってんねんで。」とこっそり教えてあげました。

ひとつ残念だったのは音楽とのバランスでセリフが聞こえにくかったことですが、セリフなしでも問題のない楽しい作品でもあります。衣装の早替えや人の入れ替わりがシビアな舞台裏を想像して、この人数で回すには大変だなと思いつつ個人的にそういう工夫は大好物(笑)キャスティングもとっても良い。この世界には外国人が圧倒的に合う。要所に物語に入り込める状況を生み出していました。『ここの演出こう変えたらもっと良くなるのに!』とか『ダンサーの質がね。。』とか思いながら見ていましたが、ミッキーが出てきた瞬間に全部どうでも良くなりました。
one man’s dream…ウォルト・ディズニーの夢。ミッキーマウスを輝かせるための壮大な流れを感じて泣きそうになりました。キャラクターやダンサーたちが盛り上げながら役割を理解し、徹している素晴らしい舞台でした。

 

Happiness Is Here

happinessishere1.jpg
happinessishere2.jpg
happinessishere3.jpg
ワールドバザールを抜けてすぐのシンデレラ城を背景にした絶景ポジションでパレードを鑑賞しました。
普段のライブや公演等で出演者に手を振ったり、声をかけるのは気後れするのに、なぜだろう。
届くような気がする、届くはずのないアクションを恥ずかしげもなく送ってしまうのがディズニーマジック。

 

Minnie Oh! Minnie

Minnie Oh! Minnie
ワンマンズドリームの舞台ショーベースの約半分サイズのシアターオーリンズ。
その舞台サイズを活かして所狭しと駆け回るパワフルなショーでした。キャラクターとダンサー、そしてミニーのラテン系ショー。
印象的なのはダンサー。登場シーンも多く、以前NHK教育テレビについて書いた記事と同じものを感じました。はっきり言って衣装デザインが微妙で、ラテンダンスの振り付けにもどことなく違和感があります。それでも、端っこのダンサーに至るまで手を抜くことなく丁寧に最後までやりきるプロの姿勢が素敵だなと思いました。

『ミニーのショーにミッキー来た♪』
もはやミッキーが出るだけで泣きそうになる。
Minnie Oh! Minnie2
エレクトリカルパレードは諸事情あって心の大事な箱に仕舞っておきます。強いてあげるなら、「えれくとりけらパレード☆」とか言ってた幼女の可愛さ。
じ、時間配分をミスって遠目からの鑑賞だったとか関係ないし。iPhoneのカメラって闇に弱いよねーとか。
once upon a time(シンデレラ城へのプロジェクションマッピング)は見たかったものの抽選に外れたことと、体力的に限界で断念。夢の国を後にしつつチラ見しました。次回のための良い口実できた♪

 

ミッキーのフィルハーマジック

フィルハーマジック
photo by kidsdisney

ドナルド好きとしては外せないのがフィルハーマジック。体感型3Dシアターwithメガネです。メガネ萌え。
まさか匂いまで演出するとは…!やられました。今回のベストオブアトラクションです。

たった一日でこんなに夢を見させてくれる東京ディズニーランド。
とある方に「テーマパーク系はあまりお好きではないと思っていました…(笑)」と言われました。
べ、別にそんなに好きちゃうし!たまたまスケジュール調整できて、チケット取って、念入りに計画たてて行っただけやし!
そうねー、思ったよりは楽しかったかなーなんて。また行く?って言われたら…行くよ。
家族で東京ディズニーランドへ行く際に注意すべきこと
3.you!自分に正直になっちゃいなyo!

 - 舞台・映画・書籍

        

Comment

  1. ありか より:

    沢山のショーを観られたんですね!
    ミニーオーミニーは観たことないですが、何となく納得してしまいました笑
    ワンマンズはだいぶダンサーさんが減ったようですが贅沢な30分ですよね\(^^)/
    娘は毎日『ワンマンドリーム♪』と歌いながらキスシーンをエンドレスに再現してくれます。
    ミッキー中毒。
    ビデオ見ながら30分手拍子係りはキツいです…

  2. tosswi より:

    「ディズニーに行ってショーを見ないなんてありえへんっ!」
    と玄人みたいな顔してお伝えいたします。
    女の子ってキスシーンとかハグシーンとか好きですよね(笑)
    手拍子係お疲れ様です♪

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  こちらの記事もどうぞ

『ロックンロールサーカス!』On The Road “Where are we goin’ ?” Part-Ⅱが素敵だった。

『ロックとバトンのコラボ!』 On The Road “Where are we …

千手観音『My夢Dream』への率直な感想

中国障害者芸術団の『千手観音』を大阪フェスティバルホールで観ました。 以前にテレ …

平城遷都1300年祭 『粋蓮誠陽 SUIRENSEIHI』

舞踏家・高橋晃子さんを中心とする『粋蓮誠陽 SUIRENSEIHI』のパフォーマ …

no image
魂の仕事人

京橋の本屋さんのビジネス書籍(!)でこんな本を見つけました。 『魂の仕事人』 出 …

バトントワーリングスペシャルブック『トワラー』vol.3

バトンの専門誌『トワラー』の第3号が発売されました! トワラー(TWIRLER) …