Let it BEAT?

バトントワーリングを広く世の中へ 佐々木敏道のブログ

バトンを主役に☆マグネティックバトンがとっても面白い

   

magneticbatons.jpg最近ずっと『バトンの面白さってなんだろう…?』を考えています。
きらきら回るバトンはとても美しく、自ら意思を持っているかのよう。私はこんなに心を奪われるものを他に知りません。でも…
バトンに魅せられて数十年。
まだ私はバトンの魅力の一部しか知らないことに気づき、悔しさと切なさと心強さ的なものと。

「バトン好き?」って聞くと目を輝かせて、あるいは何を当たり前のことを!?って顔して「好き!」と答える子どもたち。バトンに携わる人はみんなバトンが大好きです。
だから私も真剣には考えてこなかったのかもしれません。バトンを見る楽しさについては。
競技を引退して、舞台に携わるようになって強く意識するようになったのが、『見る楽しさ』。
見つけた答えのひとつはバトンにスポットを当てる。
『バトン+トワラー=バトントワラー』なのにいつの時代も主役はトワラーでした。
だったらバトンを主役にしたらいいじゃない☆
金脈を掘り当てた気分でしたが、似たようなこと考えた人が既にいました。
ジャグリングの一ジャンルであるマグネティックバトン。直訳すると、『磁力の棒』。
これがとっても面白い。競技バトンとは考え方が異なりますが、見る楽しさのヒントがあると思います。
百聞は一見に如かず。


PiRyOkoPi [batons] 2013

 - アイデア

        

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  こちらの記事もどうぞ

羽生結弦選手の身体感覚が面白い!「しゅっ!て跳べばいいんだよ」

コツといえば、物事の大事なポイントのこと。 できる人にはそれぞれのコツがあるよう …

妄想企画シリーズ其の壱 『フラッシュモバトン』

tosswiプレゼンツ、『こんなことやってみたいよね!』企画シリーズ。 半分は本 …

戦国武将・織田信長とバトントワラー駒田圭佑の共通点とは?トワラー名言集その1

私は名言ってやつが好きです。なかでも誤解を生みそうなやつが特に好きです。 羽海野 …

フィギュアスケートGPファイナルでの羽生結弦選手の高すぎた得点に対してのコメントが好き

よくあるお話。 ジャッジの点数が低いことや、不当に低い(と感じる)採点をされたこ …

フライングダッチマン『ヒューマンエラー』

ツイッターで知った曲そしてミュージシャン。 17分に渡る長い曲にも関わらず最後ま …