Let it BEAT?

バトントワーリングを広く世の中へ 佐々木敏道のブログ

バトンを主役に☆マグネティックバトンがとっても面白い

   

magneticbatons.jpg最近ずっと『バトンの面白さってなんだろう…?』を考えています。
きらきら回るバトンはとても美しく、自ら意思を持っているかのよう。私はこんなに心を奪われるものを他に知りません。でも…
バトンに魅せられて数十年。
まだ私はバトンの魅力の一部しか知らないことに気づき、悔しさと切なさと心強さ的なものと。

「バトン好き?」って聞くと目を輝かせて、あるいは何を当たり前のことを!?って顔して「好き!」と答える子どもたち。バトンに携わる人はみんなバトンが大好きです。
だから私も真剣には考えてこなかったのかもしれません。バトンを見る楽しさについては。
競技を引退して、舞台に携わるようになって強く意識するようになったのが、『見る楽しさ』。
見つけた答えのひとつはバトンにスポットを当てる。
『バトン+トワラー=バトントワラー』なのにいつの時代も主役はトワラーでした。
だったらバトンを主役にしたらいいじゃない☆
金脈を掘り当てた気分でしたが、似たようなこと考えた人が既にいました。
ジャグリングの一ジャンルであるマグネティックバトン。直訳すると、『磁力の棒』。
これがとっても面白い。競技バトンとは考え方が異なりますが、見る楽しさのヒントがあると思います。
百聞は一見に如かず。


PiRyOkoPi [batons] 2013

 - アイデア

        

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  こちらの記事もどうぞ

ピタゴラスの定理

Xの二乗等とはなんら関係ありません。 もちろん名曲『紅』とも。 強いて言うなら私 …

上手くなるのに苦労なんてしない方が良いに決まってるじゃない。

「昔は良かった」なんてはっきり言う人に出会うことも少ないけれど、ああ、この人は「 …

ほかのスポーツを楽しむ選手は怪我をしにくい?

『ほかのスポーツを楽しむ選手はケガをしにくい』 調査の結果によると、ケガをしたア …

no image
男子新体操 鹿児島実業2010

素晴らしいとしか言い様がない。 あと腹筋が痛い。

ま、マクガフィン。。?

映画等作劇上の用語らしい。 Twitterで初めて聞いたこの用語に何かしら感じる …