Let it BEAT?

バトントワーリングを広く世の中へ 佐々木敏道のブログ

第29回世界バトントワリング選手権大会 本編

   

いよいよ本編突入。WC2008回想編はこちら
gym
会場のリマリック大学体育館。
吊ってある巨大ポスターのモデルは稲垣正司さん、橘千春さんのペアと木村朱美選手、アイルランドのデイビッド・ドイン選手です。
ticket入場チケット。
おや!?よく見てみると右端にナイスガイが。
touとうっ♪
ショートプログラムの最後のジャンプ。
一見の価値ありです。(たまには自画自賛)
before

after
(左)大学の裏にあるプールでくつろぐお二人。
(右)負けじと参加。
3bakaおーまいがっ
あいりっしゅの感性が佐々木を虜(とりこ)にしそうです。
3演技の後、河津、駒田両選手と
男子シニア初の3曲演技でややお疲れです。
(この後4曲目があるとは誰が予想したでしょうか笑)
interviewよくわからないけどテレビ取材。
できるだけ英語で、とのことでしたがほぼ日本語でしゃべり倒しましたとさ。

世界大会が終わりました。
初出場のときには最年少。21回目には最年長。
何も考えることができなかった幼少時代。
もしかすると一番幸せだったのかも(笑)
でも今の方が好きです。

良くも悪くも自分の責任でやれること。
たくさんの人に迷惑をかけて、教えてもらえたからこそ今までやってこれました。
限りなく0点に近い点数からはじまって、遂には10点を見ることができました。
でもこれはバトンのお話。人としてはこれからです。

タイトルを頂いた今だからこそ言えること。結果それ自体に意味なんてありません。
両親の嬉しそうな表情が見れたり、お世話になった方々が喜んでくれたり。
結果に関わらず支えてくれる人がいたり、結果次第で離れてしまう人がいたり。
何かを目標として必死になったり、望まないことが次々と起こったり。そのすべてが私の財産です。

私が学んできたことは良いときも悪いときも自分の糧とする手段でした。
これから進もうとする道は整備された道ではありません。
アスファルトでも砂利でもなく、見たこともない草がわっさわっさと生えています。
それでもきっと何とかなるさと思えるのは今までのおかげかもしれません。
これからも素敵なご縁がありますように
ありがとうございました。


おまけ
kanpai帰りのフランクフルトで乾杯@ドイツビール
chips噂のフィッシュアンドチップス、やけくそポテトバージョン。
袋をあけるとリアルにこんなかんじでした。
homeless夜中の飛行機待ち。
お疲れ様でした、自分。

 - 大会・競技会・選手権

        

Comment

  1. 三日月 より:

    3連覇おめでとうございます。
    も、もしかして引退ですか?![絵文字:v-406]
    でも最後の締めくくりに『ご縁』を選ばれるとは・・・
    さすがです!
    ・・・それでもきっと何とかなるさと思えるのは今までのおかげかもしれません。
    今までのおかげ以上に、一番の理解者とおっしゃられる方とご結婚されたからでしょうね[絵文字:v-344]
    どんな道をどんな風に歩まれるのか、とても楽しみです。頑張ってください♪

  2. tosswi より:

    いまのところ次回のフリースタイルに出る予定はありません。
    21年の区切りに『縁起』というテーマに出会えたことは偶然ではないような気がしています。
    本当に妻のおかげだと思います。
    この観音経との出会いは彼女がきっかけでした。
    世界大会であんなに穏やかに臨むことができたのも彼女のおかげです。
    私自身これからが楽しみです♪

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  こちらの記事もどうぞ

Mcmaster University

Mcmaster大学の前を今日の練習場所にしました。 年を重ねるごとにその環境に …

no image
第28回世界バトントワリング選手権大会

この夏にカナダで行われた世界大会での演技をYouTubeにて見つけました。 大会 …

National Flagの重み

20年目にして初めて旗手をさせて頂きました。 選手の体力を考慮に入れてくれている …

第34回(2018)世界バトントワーリング選手権大会 データ分析

8月2日~5日までフロリダで開催された2018 World Baton Twir …

2017WBTFインターナショナルカップ生中継用タイムスケジュールできました。

今年もライブストリームの季節がやってきました。 8/9~13にクロアチア・ポレッ …