Let it BEAT?

バトントワーリングを広く世の中へ 佐々木敏道のブログ

バトンのキャッチ難度に関するアンケート結果

   

雨の中を奔走一部の皆様お待たせいたしました!
ついにキャッチ難度のデータの集計が終わりました。
苦節6ヶ月…
雨の日も、風の日もアンケート集めに奔走した日々が懐かしい(?)




すべて皆様の協力があったからこそ!
アンケートに協力してくださった皆さん、友達にアンケートを回してくれたあなた、仲間のデータを集めてくれた方も!
本当にありがとうございました♪
結果についてのご質問、ご指摘等ありましたらメールフォームの方からお願いいたします。
【目的】


現行の審査基準にキャッチバラエティの記述はあっても、難度は設定されてはいない。
トワラーと話をしていても難しいと感じるものには差がある。
実際にはどれが難しいのか?
まずは経験者のやりにくさを調査したい。
将来的にはここから仮説を立てた上で科学的なデータを取って根拠としたい。
【方法】


アンケート形式で集計。2009/01/03開始、2009/05/31終了
キャッチバラエティのうち難しいと感じるもののうち上位3種を記入。
経験年数によってばらつきが出る可能性を考慮に入れる。
バトンの回転は順回転(時計回り)で規定。
・取り方の定義
 グラブ(右):手のひらが正面向き
 キャッチ(左):手のひらが天井向き
 ブラインドキャッチ(左):後ろ向きで手は耳の横
 バックキャッチ(右):後ろ向きで手は腰の位置
 レッグキャッチ(右):両足を開き手は足の間
 バック(アンダー)ハンドキャッチ(右):手を内側にひねる
 エンジェル(ロングアーム)ロールキャッチ(右から左):右手首から腕を通って左手でキャッチ
【データの記録、分析】


経験年数毎に5年未満、5~10年、10年以上のグループに分けた。
アンケートの結果から難しいと感じるもの上位3種にポイントを割り振った。
1位:3ポイント、2位:2ポイント、3位:1ポイント
グループ毎に総ポイントを算出。
各グループのデータ数にばらつきがあるため総ポイントを人数で割った。
便宜上その値を難度ポイントと定義する。
【結果】


以下に経験年数、キャッチの種類別に集計した難度ポイントを示す。

各グループにおける難度の順位は以下のとおり(上位から順に)
5年未満:
①ブラインド ②LHキャッチ 同③バックキャッチ・グラブ 同⑤レッグ・エンジェル ⑦バックハンド
5~10年:
①レッグ   ②エンジェル ③ブラインド ④バックハンド ⑤バックキャッチ ⑥LHキャッチ ⑦グラブ
10年以上:
①エンジェル ②レッグ   ③ブラインド 同④バック・バックハンド ⑥LHキャッチ ⑦グラブ
【考察】


第一にアンケートによって明らかになったのは経験年数による技術的な差です。
5年未満では、5年以上で難しいと感じる上位3種を経験したことがない(又は少ない)ためにグラフのような結果が現れたと考えます。
以上の理由から5年未満経験者のデータから難度の設定を考えるには不適当だと考えます。
5年以上経験者の結果から、キャッチ難度をポイントのばらつき、順位によって3つに分けることができます。
グループ1 エンジェルとレッグとブラインド
グループ2 バックとバックハンド
グループ3 LHキャッチとグラブ
他競技に倣ってキャッチバラエティに難度を設定するとすれば
A難度 LHキャッチ・グラブ
B難度 バックキャッチ・バックハンドキャッチ
C難度 エンジェルロールキャッチ・レッグキャッチ・ブラインドキャッチ
D難度 未知のもの、ボディワークとの組み合わせ等(加点要素)
でしょうか。
個人的にはバックハンドキャッチを苦手とするトワラーが多いのが意外でした。
動作的に分けるなら
身体の前面で行うグラブ、LHキャッチ、バックハンドキャッチ
身体の背面および高低差のある取り方のブラインド、バック、レッグ
身体を転がす(ロールを含む)エンジェル
の分類が妥当だと思いますが、今回の結果から再考の余地が生まれました。
【まとめ】


他競技ではどのように難度を設定しているのでしょうか?
情報をお持ちの方は是非ご一報ください。
今回は特殊な方法をとったためにデータの統計処理ができていません。
各グループの人数の統一、経験年数だけでなく実際の練習時間や練習内容等まで踏み込めば本当の意味での難度(やりにくさ)が測定できるはずです。
近い将来バトンが社会的にスポーツ化する際、こういったアンケートが何らかの形で役に立つことを願っております。
最後になりますが、アンケートに協力してくださった沢山の皆様ありがとうございました!!
ひとりひとりの力が合わさってバトンが大きく発展していきます。
バトンにはまだまだ可能性があると今回の研究で強く感じました♪
本当にありがとうごいました☆

 - 研究・調査

        

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  こちらの記事もどうぞ

バトンの回転と滞空時間に関する実験

バトンの回転と滞空時間に関する実験 【目 的】 バトンは回転が多ければ多いほど滞 …

バトントワラーの皆さんへキャッチ難度に関するアンケート

かねてから疑問がありました。 『バトンはわかりにくい』 プレイヤーとして20数年 …

絶対にバトンですべらない方法があるんだけど…知りたい?

『バトンですべらない方法があれば教えてください!』 との質問をいただきました。 …

バトントワラーやフィギュアスケーターは左回りなのに、なぜバレリーナは右回りなの?

photo by wallpapers 今日は無駄に壮大な話です。 バレエについ …

練習と本番の切っても切れない関係

我が家では、仕事柄(ということにしとく)教育テレビをよく見る。むしろそれしか見な …