Let it BEAT?

バトントワーリングを広く世の中へ 佐々木敏道のブログ

コンパルソリー講習会への提言

   

提言
以前の私は講習会が好きでした。
指導実績のない私に技術レベルの高い生徒を指導する機会は少なく講習会が絶好の場でした。
フリーランスになって五年、考え方は大きく変わりました。

講習会形式のだめな点は、
一、選手が何を必要としているのかを把握しにくいためレベル、目的の設定がしにくい。
二、技術を持っている人に教えてもらったら無条件に上手になるのではないかとの錯覚。
三、単発指導だと一回で完結する内容がメインとなり、バトンにはそんな都合の良い内容はほとんどない。

以上の理由で今は講習会が好きではありません。

私個人として講習する場合は、受講生全員ではなく個人に向けた内容を心がけたり、今日一日で身につくであろう現実的な効果を説明したりしています。何か新しいものを的な曖昧なリクエストには基本応えないようにもしています。

ここから本題。コンパルソリー講習会について。
全国で開催されているこの講習会のいくつかに行きましたが、この講習は無駄だったな、と思える日が少なくありません。

それはコンパルソリーの特異性に起因します。
あらゆるバトンの種目のなかで、コンパルは最も繊細かつ厳格です。パッと見簡単な内容のなかに嫌がらせとも言える量の決まりごとがあります。これらを理解し、練習したいと思う人はかなりの少数だと思います。

ましてや子供。
私はコンパルの重要性を理解し、楽しめるようになるまでに15年かかりました。

ここで僭越ながら提言させていただきます。
コンパル講習会を生かす一番の方法は現場の指導者が同席することです。
講習内容を頭(できれば体も)で理解し定期的に練習させてください。

これがいままでのコンパルソリー講習会で感じたことです。

 - 発表・講習・講演

        

Comment

  1. haruko より:

    いつもご苦労様です。
    私も生徒がこれからコンパルソリーをやり始めるということで、聴講ということで参加させて頂きました。
    数年ぶりの参加で、聴講だけど、バトンを持って行こうかな?と思ったのですが、あくまで聴講なので、講習のじゃまになったらあかんかなと思って、ダンスシューズだけこっそり履いて、足のステップだけでも覚えておかなくちゃと必死でした。
    むかーしに、コンパルソリーの指導も機会があったので見させてもらったこともあるのですが、ほんとに細かいルールが満載で、それをコンパル初心者の小学生にどう伝えて行こうか模索中です。
    規定演技の緊張感とともに、細かい技術習得の楽しみを伝えていけたらなと思っています。
    指導者の講習会があれば、いろんなのに参加したいなあと思ってますが、そういうのってあるのでしょうか?

  2. tosswi より:

    >harukoさま
    関東では指導者向けの講習があるそうですが、関西では聞いた事がありません。
    私もそういった提案をしたこともありますが、受講したいという方々の声が届けば実現するかもしれません。
    是非直に要望をしてみてください♪

  3. haruko より:

    関東は進んでますねえ。
    関西でもどんどん始まるといいなあ。
    指導方法の共有など勉強会があればいいなあと思います。カットバックス矯正ギプスとかあればいいのになあって。
    今は、ガムテープを腕に貼って、粘着力を利用して一瞬バトンがくっつけてみたりして、やってみたりしてます。
    気合いと根性に頼らず、難しい技も誰もが挑戦してみたくなるような夢のトレーニンググッズがあればなあ。
    すみません話し逸れました。

  4. より:

    僕たちのところでも、
    日曜日にコンパル講習会があり、
    受けさせていただくつもりです[絵文字:i-233]
    2回目の経験となりますが、
    初めて受けたときは、
    順番を覚えるだけで精一杯でした[絵文字:i-229]
    だから今回の講習会ではどんな事を考えて受けるべきなのでしょうか?
    前回の講習で漠然とした順番は覚えてます[絵文字:i-274]

  5. tosswi より:

    >harukoさん
    カットバックス矯正ギプス^^
    斬新な発想ですね♪
    両面開きの冷蔵庫の原理を利用すれば実用性と耐久性を実現できるかもと思いました。
    トレーニンググッズがバトンのとっつきにくさの壁を打開するかもしれませんね☆

  6. tosswi より:

    >零さん
    これは持論ですが、講習会は疑問を解決する場だと思っています。
    何らかの目的意識があればより意味のあるものになります。
    初回はコンパル教則本が手に入りにくい現状では順番を覚えることで精一杯かもしれません。
    2回目以降であれば、
    『教えてもらうことを覚えよう』では不十分だと思います。
    というよりもったいないです。
    受講生の段階、理解度によって変わるので具体的には言えませんが、まずは復習をしてください。
    ①復習の段階で出てきた曖昧な点をすべてメモして講習に臨む。
    ②講習で明確にならなかった点を講習中、または休み時間を利用して講師に質問する。
    「こんな些細な質問で…」等思う必要は一切ありません。
    零さんの疑問点は他の受講生の疑問点である可能性もあるのです。

  7. haruko より:

    何度もすみません。。。
    >トレーニンググッズがバトンのとっつきにくさの壁を打開するかもしれませんね☆
    駒付き(補助輪付き)自転車と同じ発想です。
    いきなり、二輪の自転車に乗るのは難しいし、こけてばかりでは、乗れる前にくじけてしまいます。もちろん、それで心も成長していくので大切な場面なんですが、少しでもその助けができないものかと思って、日々一人で思っております。
    もちろん、壁や鏡やタオルなどなど使って自分の経験と試作を子供たちを通して試させてもらってるといった感じです。
    アイデアと発想の転換でもっともっとバトンを振り回したくなるようなトレーニングにしていきたいなと思ってます。
    指導の研究会とかできたらいいのになあ。。。
    コンパルソリーの教則本ってあるんですか?
    順番や名前もネットで調べてなんとか15種類を頭で理解しましたが、操作順番や方法など本があればなお役立ちます。ビデオなどはないみたいですね。こないだその場で聞いたらないっておしゃってました。

  8. より:

    ありがとうございました!
    判りました、tosswiさんに教えていただいた事、心に留めて講習に望もうと思います[絵文字:i-179][絵文字:i-178]

  9. tosswi より:

    >指導の研究会とかできたらいいのになあ。。。
    そうですね、個人的にそういった話は大好きです。
    が、指導法の前にバトンの正しい扱い方等を公式に決める必要があると思います。。
    コンパルのテキストは存在しますが、審査員でなければ手に入らないと聞いています。
    審査勉強会でロールモデルビデオの存在も確認済です^^;

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  こちらの記事もどうぞ

no image
続新体操の審査☆

初日終了です。 無事に演技も乱れ、明日の審査員の講評がものすごくしづらいです。。 …

惜しいっ

佐々木敏道選手 ?ドラムイン? ドラムが中に 顧問の先生の些細なミスに笑いました …

WBTFバトントワーリング審査試験

少し前ですが、WBTFの審査試験に行ってきました。 結果は4週間後~年内には出る …

250doors終了!

タイトルに偽りあり。 正確には、250doors佐々木担当分が終わりました。 バ …

第29回おおいたマーチングフェスティバル@九州石油ドーム

今朝から大分にいます。 会場はとてつもなく広い競技場の一画を区切った人工芝のうえ …