Let it BEAT?

バトントワーリングを広く世の中へ 佐々木敏道のブログ

決勝進出率データから見る第40回(2015)全日本バトントワーリング選手権大会

   

※4/3訂正とお詫び
ご指摘により、決勝進出率のデータに間違いが発覚いたしました。セルを入れ替える際に東海と北陸のデータが逆になってしまっていたようです。
ご迷惑をおかけしたことをお詫びするとともに、ここに訂正させていただきます。

…自分のてけとーな性格を深刻に呪っています。

さて、皆さんお待ちかねのtosswiターイム♪
今年の全日本の結果から感動とか私情とかそういうのん全部ぽいっして、データから分析してみよう、というtosswiだけがのりのりな調査です。
個人的な興味&資料価値からですが、戦略にも若干影響したり、、ごにょごにょ、、

※日本バトン協会の大会結果実施要項から算出しています。
※※決勝進出率、メダル獲得率は入賞or上位3位の人数を出場枠数で割った数×100で出しています。
・関連記事:メダルの数で振り返る、過去30年間のバトン世界大会の歴史

 

決勝進出率とメダル獲得率からバトン界の勢力図を見てみよう。

・決勝進出者(ファイナリスト)の占める割合

2015全日本選手権大会ファイナリスト

1関東、2関西、3九州。4東海、5北陸、6中国、7四国、8北海道の順でした。

各地方に割り当てられている出場枠の数から決勝進出率を出すと、、、
2015全日本選手権決勝進出率

関西から出場した選手の約6割、関東の出場選手の2人に1人が決勝に進出しています。
実際数値にしてみると見るともの凄い割合ですね…。

・上位3名(メダリスト)の占める割合

2015全日本バトントワーリング選手権メダリスト

上位3位以内に絞り込んだグラフ。関西、関東、九州で1~3位の約9割を占めています。

・出場枠からメダル獲得率を出すと、、、
2015全日本選手権メダル獲得率
九州が関東に肉薄していることがわかります。
2015は関西、関東、九州の3強の年だと言えるでしょう。

 

どの地方がどの種目に強いのかを見てみよう。

全6種目の各地方の決勝進出率をグラフ化しました。

・ソロトワール

2015ソロトワール

・トゥーバトン

2015トゥーバトン

・スリーバトン

2015スリーバトン

・ソロストラット

2015ソロストラット1

・ダンストワール

2015ダンストワール1

・ペア

2015ペア

ソロトワール以外の関西の決勝進出率が一番高いという結果でした。
スリーバトンで関西が他の地方を大きく引き離しています。

それぞれの地方ごとの決勝進出率No.1の種目は、
関東:ダンストワール(65%)
北陸:トゥーバトン(38%)
東海:スリーバトン(33%)
関西:スリーバトンとダンストワール(71%)
中国:トゥーバトン(20%)
四国:ソロトワール(22%)
九州:スリーバトン、ソロストラット(43%)
であることから、これらがそれぞれの地方の得意種目といえるかもしれません。
こういった結果を基に戦略を立てていた時代を知っていますが、現在はどうなのでしょうか。
「この種目去年は出場選手も少なかったのに今年突然増えたよね~」的な事をよく聞きました。

各種目のグランドチャンピオンは…
ソロトワールは関東の駒田圭佑選手が。
トゥーバトンも関東の駒田圭佑選手が。
スリーバトンは関西の石川萌選手が。
ソロストラットは関東の山本紗弓選手が。
ダンストワールは関東の西垣直美選手が。
そしてペアは九州の石橋彩夏選手、蓬原あかね選手でした。

全6種目中4種目のグランドチャンピオンが関東の選手、そして関西と九州の選手が1種目ずつ。
九州は、データ上はペアよりもソロ、スリーバトン、ソロストの方が強い地方です。
ペアは決勝進出率31%で関西、関東、東海に次いで4番目とそこまで強い種目ではありません。
環境を個人の資質が上回った特異な例かもしれません。実に興味深いです。

 - 大会・競技会・選手権, 研究・調査

        

Comment

  1. ばっとん より:

    いつも楽しく拝見させていただいております!
    難しい分析、ありがとうございます。我が娘はペアで8位という悔しい順位でした。
    まあ、初めてにしては、上出来だったと思ってます。(親ばか)
    しかし、九州はなぜ関東関西に勝てないのか!
    そこんとこの分析をよろしく!!!!!
    練習内容に問題があるのか?????

  2. なふん(´๑•_•๑) より:

    決勝進出率の所に北陸が…(๑o̴̶̷̥᷅﹏o̴̶̷̥᷅๑)

  3. 元トワラー より:

    今も関東と関西は凄いですね!
    今後の分析も楽しみにしております!

  4. tosswi より:

    ばっとんさん

    初出場での入賞は大健闘ではないでしょうか☆
    九州が勝てない理由…非常に興味深いです。
    今回はその九州からグランドチャンピオンが生まれたことが素敵ですね。
    いずれテーマとして掘り下げたいと思います。

  5. tosswi より:

    なふん(´๑•_•๑) さん

    データ修正の際になふんさんご指摘の意味がわかりました。
    失礼いたしました。
    北陸はトゥーバトンです!

    今後細心の注意を払っていきますが、見つけた際にはお知らせいただけると幸いです。

  6. tosswi より:

    元トワラーさん

    今後関東と関西、そして九州のトワラーにどんな変化があるのか、そして3強を脅かしていく地方は。
    こっそりと動向を見守っていきます♪

  7. ばっとん より:

    お返事、ありがとうございます!
    すみません!地方大会です(-_-;)
    オハズカシイです(T^T)

  8. Ten より:

    コメ欄の盛り上がりに置いてけぼり感を感じ、遅ればせながら参上しました。

    お仕事の速さと内容に脱帽です(ㆆᴗㆆ)
    『めんトレ購読歴とドロップ本数の推移』?みたいなデータを、いつか作っていただける日が来るよう更に精進してもらいましょう。
    今後のトレーニングも期待しております!

  9. tosswi より:

    ばっとんさん

    努力の結果を恥じることはひとつもありません。
    勝つことは無数にある価値観の一つです。
    私の早とちりすみません(汗)

    また疑問点ありましたら、お知らせください☆

  10. tosswi より:

    Tenさん

    今回は『見』に徹しているのかと(笑)いつでも大歓迎ですよ♪

    速くてミスのないパーフェクトtosswiを目指します…。
    ドロップ数の推移。。。スコアシートさえあれば…ぼそっ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  こちらの記事もどうぞ

練習と本番の切っても切れない関係

我が家では、仕事柄(ということにしとく)教育テレビをよく見る。むしろそれしか見な …

日本のバトントワラーは、はだかの王様なんかじゃないって信じてる。

はだかの王様のお話が好きです。…知ってる? そう。ある日筋トレが好き過ぎる王様が …

National Flagの重み

20年目にして初めて旗手をさせて頂きました。 選手の体力を考慮に入れてくれている …

2017インターナショナルカップ/IBTFグランプリ大会結果について

クロアチアでのGP&ICが幕を閉じました。 もはや日本人によるメダルラッ …

差し入れの数々

古谷野先生とのんのんさんからはお花♪ 杉浦先生からはバナナとみかん♪ JTBさん …