Let it BEAT?

バトントワーリングを広く世の中へ 佐々木敏道のブログ

バトントワーリングスペシャルブック『トワラー』vol.3

   

バトンの専門誌『トワラー』の第3号が発売されました!
twirlervol3
トワラー(TWIRLER)Vol.3 バトントワーリング スペシャルブック

★インタビューNOW
4人のトップトワラーの素顔に迫る!髙橋あすか・小城 桂馬・渡辺 翔史・平井 夢乃
★スペシャルインタビュー
稲垣 正司
★新企画”この人”
日本バトンの創始者 高山アイコさんに迫ります。
★第40回全日本バトントワリング選手権大会
グランプリ及びトップトワラー掲載(入賞者氏名掲載)
★第42回バトントワーリング全国大会
紙面を拡大して全出場団体を紹介
★IN FOCUS(学校紹介)
・中村学園女子高等学校
・山陽女学園高等部バトン部
・武庫川女子大学附属中学校・高等学校
・横浜創英中学・高等学校
レインボープロジェクトより)

【関連記事】
・バトントワーリングスペシャルブック『トワラー』創刊!
・バトントワーリングスペシャルブック『トワラー』vol.2

1.2013年9月に創刊
2.2014年6月に2号
3.2015年5月に3号

ってことは、4号は2016年4月に出るってことですね♪という鬼のような催促をしてみたところで。
今号には次回予告がないんです…。

 

第3号の評判と方向性について

発売を知ってから手に入れるまでのタイムラグの理由…チャコット京都店になかったんすよ…
通販でもいいんだけど、「えっ!置いてないんですか!?」っていうのも一種の広報活動かな、と思って。てへ。

発売直後から、今号についての評判をいくつか目に、耳にしています。
今回も素敵!って声と1号、2号ではあまり聞かなかった少し辛口な評価がありました。

1・2号と3号誌面の構成を比較してみよう

1号と2号は王道的な構成でした。
世界選手権とインタナショナルカップ、全日本、全国大会出場選手を網羅し、表紙は各種目のチャンピオンで飾る。
誰もが納得できる公平な誌面でした。

一方、3号では誌面の構成に変化が。
全日本入賞者のうち1位選手のみ写真が載り、2位以下は氏名のみの掲載となりました。表紙を飾るトワラーも『トワラー』の色が出ています。(※トワラーややこしい)

3号の評価が辛かった人の理由を想像すると…それは編集者の意図や意志が色濃くなったことが原因ではないかと思います。
でもね。

ただ網羅するだけなら、大会のプログラムで良くね…?

選手への最低限の配慮は必要。
だからといって最大限の公共性を保って問題の無い誌面を量産したとして、それをバトンの専門誌だ!と主張するのは何だかつまらない。
専門誌としてのプライドを持って、更に色鮮やかに、様々な選手にスポットを当てて欲しいと思っています。
ええ、私も3号の中身について全肯定しているわけではありません。方向性についての肯定です。

載せてもらえなかった選手、又はtosswiよ!
取材したくなるような魅力を醸していこうじゃないか☆→tosswiはいつだって素振りして待ってるぜ!ぶぉん。

『トワラー』には、今後も続いて欲しい。
みんなバトンの未来に投資しようぜ。1,620円。
そんでー、わいわい好き勝手文句言お♪

 

P.S. 超個人的な希望を言わせてもらおっと。
『トワラー』特別企画☆1冊まるごと!『駒田圭佑』
…2000円までなら出す。

P.S.2 アイコ先生のページの写真の中で奇跡的に3人のビフォーアフターを発見しました(笑)わかるかな?

Twirler3beforeafter

 - 舞台・映画・書籍

        

Comment

  1. Ten より:

    久しぶりにぶっちゃけましたね…
    『駒田Love』キャー☆(〃∀〃)

    P.S.ワタシ、3000円まで!
    もちろん、サイン入りポストカードのおまけ付で

    P.S.2 とし少年、お宝映像!
    トワラー第3号、影の助演男優賞ですものねっ。
    →編集者の方はわかっているのか?いないのか?

  2. tosswi より:

    LOVEとかそういうんじゃなくてー、
    ちょこっとだけの興味です♪
    一冊オール活字でもいけます。

    P.S.Tenさんが3000円ならこっちは3200円!
    P.S.2もちろん把握していると思いたいです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  こちらの記事もどうぞ

家族で東京ディズニーランドへ行く際に注意すべきこと 最終回

あんたいつまで夏休み気分やねん、、的な世間様の声などお構いなし。訪問先でぶぶ漬け …

イッセー尾形のとまらない生活2007in京都(ネタばれ含)

かねてから観たいと思っていた尾形さんの舞台を初めて見に行きました。 場所は京都府 …

no image
魂の仕事人

京橋の本屋さんのビジネス書籍(!)でこんな本を見つけました。 『魂の仕事人』 出 …

『ロックとバトンのコラボ!』 On The Road “Where are we goin’ ?”

高見亜梨彩さんとロックバンドのコラボレーションライブを見に(聴きに?)行きました …

平城遷都1300年祭 『粋蓮誠陽 SUIRENSEIHI』

舞踏家・高橋晃子さんを中心とする『粋蓮誠陽 SUIRENSEIHI』のパフォーマ …