Let it BEAT?

バトントワーリングを広く世の中へ 佐々木敏道のブログ

イギリス出張2015 その2~真面目にレッスンだってするよ?観光の後にな!編~

   

出張しゅっちょうってしょっちゅう連呼してると、なんだか社長さん気分に浸れるよね。
そんなわけで、今日は真面目にレッスンした話を…する前に観光編です。
ちなみに向こうに着いたあとで、へ?明日観光なん?って知ったよ。

その1:イギリス出張2015~言葉の壁をぶっとばせ!編~

tosh

「イギリスに着いたら〇〇と△△が迎えに行くよ♪」ってことだけは知ってた。
その二人が1時間半遅れて来ることまでは知らなかった。
空港のフリーwifiが使えるのは1時間…早くもtosswiの旅はいろんな意味で終わるのかと思ったけど、なんとか始まったんだ。

 

ヴァイキングの街ヨルヴィークへ

ヨーク市というイングランド北部の町へ。
ここがまあ素敵な街で、あとでヨークに行った話をしたらたくさんのイギリス人が「私のお気に入りの街よ☆」って言ってたぐらいメジャーな街みたい。

york

いざ観光!となった瞬間、おばさまは川を横切りショッピングへ、おじさまたちは山というよりはむしろ海の男の博物館へ。
ヨークはかつてヨルヴィークと呼ばれたヴァイキングの街。実際の遺跡の上に建てられているという博物館へ行くことに。

普通ならこの博物館にそこまで興味を示す人はそんなにいないかもしれない。でもtosswiは違ったんだ。
なぜかって?ここは私の魂のコミック(略してたまこ)ヴィンランドサガの舞台じゃないか!

 

連れてってくれたたおっちゃんを仮にトニー(本名)としておく。トニーがtosswiのテンションに若干引いてたけどそんなの知らん。
ゴンドラみたいな乗り物に乗って当時の暮らしを再現した街並みを回るアトラクションで驚いたのは、それぞれのテーマに会った匂いの演出。
白骨化した人体模型(本物?)や発掘した数々の品。頭蓋骨の模型にはどんな武器で負った傷かを詳しく解説してあり、とても興味深いものだった。
そして…年表。

vinlandsaga

 

ヴィンランドの作者、幸村誠さんは詳細な取材をする方で有名だけど、漫画の世界観と博物館で見る全てが繋がってくらくらした。年表にクヌートやエセルレッドの名前を見つけてはしゃぐとっすぃ。トニーはいつまでたっても冷静だ。

 

舞台はヨーク大聖堂へ!

おばさまが川から帰ってこないので市内最大の建造物、ヨーク大聖堂へ。
この辺り、夜には肝試しツアー(公式)をやっていて、ここがメインスポットのよう。その名も『THE GHOST BUS TOURS』…ははーん。これネイティブ風に読むと…ゴーストバスターズやn…げふんげふんっ。

horrorbus

 

何となく大聖堂の雰囲気に負けじと、八百万(やおよろず)の神について我流で話してみるという所業に及んだ結果、
「日本には800人ぐらい神様がおってな…」という残念な間違いを犯したので、誰かトニーに伝えといてください。

 

yorkminstar

 

荘厳で、静謐で、研ぎ澄まされているところ。
300段くらいの階段を上ったtosswiは『うおーイギリス楽しかったねー!よっしゃ帰ろ!』と思ったのでした。
こんな良い気分なのに真面目にレッスンなんて…そりゃしないとね!仕事やし。

やっぱりね…と思ったあなた。
tosswiがレッスンのこと素直に書くわけないやん!と思ったあなた。
レッスンについて割と普通に書くつもりだったのに、なんでわかったの。。。?

次回、やるときにはやる男よりも、やらないときにやる男の方がなんか良いよね!編(最終回希望)に続く。

 

【おまけ】
今回の旅のナンバー1パスタ。1人密かに感動してた。
pasta

【おまけ2】
聖堂前に停めてあったいい感じの自転車。
tricycle

 - 海外指導

        

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  こちらの記事もどうぞ

英国出張〜国際交流編〜

どうもーサインかと思ったらペンを借りに来た子だった、べ、別に恥ずかしくなんてない …

グレートブリテン及び北アイルランド連合王国出張~レッスン編~

こんにちは。昨年の帰国後に 『とっても楽しかったわ♪フィッシュアンドチップスを食 …

イギリス出張〜渡航編〜

戦争系の映画でペンダントに入れた恋人の写真を見ながら、「生きて帰れたらプロポーズ …

イタリア出張2015~魅惑のイタリアンフード編~

  台風11号の接近にともない131年ぶりに中止か!?となった祇園祭の …

イタリア出張~出発編~

先週イタリアに行ってきた♪ 久しぶりの海外に若干高めのテンションを携えて。 あほ …