Let it BEAT?

バトントワーリングを広く世の中へ 佐々木敏道のブログ

やらなきゃ損よね!基礎を大事にしているすべてのトワラーへ☆

   

先週末、コンパルソリ―&ショートプログラム講習会in北陸で講師を勤めてきました。今回の講師は、夏田智子先生、小城桂馬先生、そして私の3人。
久しぶりに会っても、久しぶり感が全くないのはなぜだ。

【関連記事】
大邂逅!!刺激的ビフォーアフター コンパル&ショート講習会in東海で初めてコラボした

コンパルソリーが大事ってみんなよく…言わないね!なので今日はものすごく大事なこと言うから最後まで聞いてほしい。

 

コンパルの振付って細かすぎるよね…?

そうです。なぜそこまで…?とかつては私も思っていました。
フリーハンドがスピンの種類ごとに微妙に違ったり、腕をあげる角度や高さ、タイミングに何度も変更があったり…

選手だったときにはこう思っていました。
『ぶっちゃけどうでもよくね?…ま、やるけどさ!』

事実、各国の選手ごとに微妙にやり方が違います。
私たちが必死になってルール変更に対応した横で、元のやり方の選手に高得点が出ることも普通にあります。もちろんルール変更以外の部分で高い点が出ている場合もありますが。
細かく丁寧に練習してもある程度のレベルを超えるとそんなに点差は開きません。
そんなこともあって、上のようにぼやいていたわけです。

そのときの私はまだまだバトンを知らなかったのです。

細かすぎることに意味がある。

コンパルソリーが簡単に見えているとしたら、あなたはまだバトン初心者か、バトンを極めてしまった人です。
よく言うでしょ?相手の実力がわかるのも実力のうち、って。

細かすぎる振付は、ただ細かいだけでなく身体のパーツごとに異なる要求があります。
一つ一つはそこまで難しいものではありません。でもそれらを同時に連続して成功させるとなると難易度がはねあがるのです。これを成功させたときは…ぞくぞくします。
この面白さはある程度熟練しないとわかりません。

ってなってようやく第1段階クリアです。

コンパルソリー=バトンの基礎?

コンパルはそれ自体楽しいだけでなく、習得する過程とその後に大きな意味があります。
コンパルは、左右のフィンガーに始まりロール、エーリアルをそれぞれバーティカル・フラット(ホリゾンタル)、右回り・左回りと非常にバランスの良い構成になっています。唯一逆回転が入っていませんが、通常の振付に入らない場合もあるので問題ないでしょう。
加えて、バトンのパターンやブレイクに対する要求は厳しく、トワリングの基礎のすべてが含まれているといっても過言ではありません。

そして、次が本題です。
バトンの振付で、フットポジション、身体の角度、タイミング等ここまで厳密に設定されているものはコンパルソリー以外に私は知りません。

合理的かつ包括的なトレーニングでもあるコンパルソリ―をしない理由があるのでしょうか。
さあ、これで第2段階☆

コンパルソリーから得られるもの

ぞくぞくするほど楽しくて、ベストトレーニングでもあるコンパルソリー。
コンパルが上達すると、ほかの種目での要求がものすごくシンプルに感じるはずです。
実はこの効果が最も大きいかもしれません。

『ルールを打ち破るために、まずはルールをマスターしよう。』

基礎をマスターすれば、破るどころかもっと大事になります。

素敵なバトンライフを。

 - 発表・講習・講演

        

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  こちらの記事もどうぞ

WBTFバトントワーリング審査試験

少し前ですが、WBTFの審査試験に行ってきました。 結果は4週間後~年内には出る …

わがままボディにさよならを。

実は、今日演技披露を予定していました。

ブラックスペース終了

劇団壱劇屋に日替わりゲスト出演しました。 会場はロクソドンタブラック。 JR天王 …

かざこし子どもの森GWイベント

長野に初めてバトンの団体が発足しました。記念すべき初めてのイベントにゲスト演技さ …

no image
TOKYO INTERNATIONAL FORUM

婦人服フォーマルウェアのイギン主催のイベントに来ています。 フォーマルウェアから …