Let it BEAT?

バトントワーリングを広く世の中へ 佐々木敏道のブログ

第41回(2016)全日本バトントワーリング選手権大会まとめ

   

2016年3月25日~27日の三日間にわたり大阪中央体育館で開催された全日本選手権が終わりました。
選手の皆さん本当にお疲れさまでした!

41stalljapanbatontwirlingchampionships

第41回(2016)全日本バトントワーリング選手権大会結果

【関連記事】
動乱の時代へ!第41回(2016)全日本バトントワーリング地方別選手権

 

今大会のトピックス

・9種目のうち3種目で新たなチャンピオンが誕生しました。
ソロトワールで西垣知枝選手が7年ぶり、3バトンで柿木優輝選手が2年ぶり、ペアで芝上隼、西村真祐選手が初のグランドチャンピオンになりました。

41stBatongrandprix

・日本代表選考会のフリーエントリーが今大会で最後となり、来年度以降フリースタイルの地方予選が始まります。

・世界連合が決定していたJr.とSr.の年齢区分変更が周知されておらず、大会直前になってシニアで出場予定だった選手がJr.部門としての審査となるという事件がありました。
http://img.p-kit.com/jbta/1/1454635333030885600.pdf

 

年齢区分問題について思うこと

選手にとってはバトン人生を左右されるあってはならない出来事であり、今後改善されることを切に願っています。
ジュニア最後の年とシニア1年目に選ぶ作品は違うのでは、とシニア部門に出るつもりで用意した曲で踊るジュニア選手を見て感じました。
シニア用だからこそむしろ良かったかも…と感じる選手もいましたが。

もし日本代表選手に選ばれ、もういちどジュニア用の作品として練り直したいと思う選手・指導者がいるとしたらその選択も視野に入れても良いのでは…と私は思います。

 

佐々木の心をつかんだ次世代の3選手

最近のトワラーってみんなうまいよね!すごいよね!
でも、ここまでバトンバカをこじらせるとね、ちょっとやそっと上手いぐらいじゃあたいの心はびくともしないんだからねっ!
と、いうわけで完全なる独断と偏見と妄想のトリプルイリュージョンを発表します。

お1人目(?)は!

『木原裕香・甲斐奈月ペア』だyo!

もうね、意外性ゼロ。自分に腹が立つレベルです。
よく息が合っているとか言うけど、この二人は脳みそが同期しているんじゃないかと思う。
1つの意志で2つの身体をコントロールしているような良い意味での気持ち悪さ。
今度その機能ってどこに売ってるん?って聞いて、なにこの人気持ち悪い…とか負けじと思われたいと思います。

お二人目はナイスガイ!

『坂本大星選手』でしょっ!

彼のホリゾンタルパターンがうっとりするほどきれいなのです…。
あと、今大会見た中で一番バトンタッチが柔らかい。キャッチストレスが限りなく低い。
復帰して間もないと聞いていたのに、素晴らしいトワリングでした。

ラストおお!の前に小言…

とっても上手なのに、その欠点のせいで見る気すら奪われる演技もありました。

例えば、イリュージョンだけがもの凄く汚い…。
例えば、トスの度に両膝が曲がる、『逆膝神』…。

あらゆる癖は修正することができます。ましてやこのレベルまで来れたトワラーです。
できない、と思っているのならそれは違います。していないだけですよ。

ラストおおおお!

『宮城芽依選手』を勝手に推したいと思います。

これまで私は、ソロストラットにあまり興味がありませんでした。しかし今大会は最も好きな種目でした。
なぜなら指先まで意思が通っている唯一の種目だったから。ソロストラットはわたしの心を癒してくれました。
その中でも宮城選手が凄かった…。なぜそのスピードで止まれるの…?体幹が強い、だけでは説明できず、重心位置のコントロールが絶妙なのかな、と。身体は動くよりも止める方が難しいのです。
それを高校生の演技で魅せられるとは思いもしませんでした。

まとめ

審査と関係ないやんっ!と思ったあなた…正解!
私の純然たる好みです。もちろんお気に入りの選手は他にもたくさんいます。
そこからそのトリックようつないだな!!とか、地味にすごいけど、多分それ誰も気づいてない…(泣)とか言いながら観戦していました。観戦スタイルは自由なので、機会があれば再び垂れ流していきたいと思います。

素敵なバトンライフを。

 - バトントワーリング, 大会・競技会・選手権

        

Comment

  1. Ten より:

    ふふww
    好みが似てますわよ~小学生時代から、ワタシが追ってた選手達♡

    イリュージョンの膝、ガニ股キャッチ、右手の幽霊…ウチの子、未だにちょいちょい登場してとても嫌なんです( ̄▽ ̄)
    『美しいトワール☆』を常に目指して欲しいのですけど…
    治りますか?

  2. ぱそ より:

    全日本終了時に、twitterに書かれていた
    佐々木さんの心を奪った選手とは宮城芽依ちゃんの
    事だったんですね~!

    今回も以前作られていた、決勝進出率データを今回の分でも見てみたいです!

  3. tosswi より:

    >Tenさん
    さすがお目が高い♪( ´θ`)ノ

    大事なことなので、二度言います。
    あらゆる癖は修正できるのです(´・_・`)本人がするか、誰かがさせるかの二択ですね☆

  4. tosswi より:

    >ぱそさん
    心を奪われただなんてそんなー(照)
    次の出番をチェックして、わくてかしてたぐらいです♪( ´▽`)

    決勝進出率。。心と時間に余裕ができたら何としても。。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  こちらの記事もどうぞ

ハラスメントと厳しい指導の違いを知らないだなんてナンセンスだ。

仕事としてバトン指導に携わってから、10年。 かつての私と今の私の指導は明らかに …

トワラー必見☆シリーズ『イカからエビへ』 ~私立恵比寿中学編~

必見☆シリーズ第5弾!エビ中にバトントワラーが転校♪ トワラーもアイドルになる時 …

今度こそバトントワラーの必需品『スピーカー』の話

こんばんは、スピーカー好きです。世の中にはオーディオマニアと呼ばれる人たちがいて …

バトントワリング公演 B.E.A.T.ShowⅡ―人間失格― を見たい3つの理由

バトントワリング公演B.E.A.T.ShowⅡ―人間失格―を見たい3つの理由

ノーミス=理想の演技は100点を超える。パフォーマンスと審査競技の違い。

『ノーミス演技は70点止まり。』という記事を読みました。書いたのはシルクドソレイ …