Let it BEAT?

バトントワーリングを広く世の中へ 佐々木敏道のブログ

失礼な相手にこそ礼儀をもって接しよう。

   

「自分がされて嫌なことをしてはいけないよ!」
「自分がされてうれしいことをしよう♪」

といった話を小さいころからさかんに聞いてきた。。ような気がする。
特に抵抗なく疑問なく受け入れることができた時代があったので多分聞いてきたのだと思う。
これが私の中で崩壊したのは、ここ5~10年ぐらい。

人によって嬉しいことや嫌なことは違う。。時には真逆になったりもするので、割とリスキーな考え方だと感じる。
ああ、この人は私が喜ぶと思ってしてくれてるんだな…心苦しいな…ならまだ良くて、私はこんなにしてあげてるのに!レベルの人も少なくないのでやっぱこの考え方はだめだと思う。

Ramdlon / Pixabay

 

この考え方の根底にあるのは、他者への依存。
『されたくない』と『してほしい』という他人への無遠慮な期待。
他人に依存してしまうのは、弱いからだ。自信がないからだ。

「私は嫌なことをされた(言われた)んだから、あのひとだってされても(言われても)文句言えないよね?」
仕返ししてしまった人は、大抵こんな感じのことを言う。冷静に考えるべきだ。

 

私がこの言動を否定する理由は、相手と同じレベルになってしまう、というこれまた相手に依存した理由ではない。
私がされたくないことをしないのはその行為を認めていないからだ。
相手にされたことは、相手にしていい理由にはならない。
私が認めている行為のみ、相手にしてもいいというマイルール。

…という私の設定するきちんとした大人像に向かってい…いきたい…きっとなれるさ!
トワラーのみんな!失礼な相手にこそ礼儀をもって接しようぜっ!

 - 日々の徒然

        

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  こちらの記事もどうぞ

正しい指導と勝つ指導、どちらを選ぶ?

フリーランスで振付・指導を請け負うこと10年。 振付の方向性が明確になり、要求に …

知的所有の件とかLet it BEAT?の由来とか

本日4月26日は世界知的所有権の日。 このブログさえ読んでおけば日常生活のいろん …

免震ゴムバトントワラーが紳士の嗜みについて語る回

さあ、はりきって水曜に更新…したことにするぞー。 国の認定基準を満た …

宛先不明の私信

先日携帯に留守電が入っておりました。 留守電センターのメモリを使い切る勢いの長い …

抜歯に関する4つの完璧な作戦

さてまたひとつ大人の階段をあれしてしまいました。 親への隠し事がまた一つ減ったわ …