Let it BEAT?

バトントワーリングを広く世の中へ 佐々木敏道のブログ

人に自分の思いを伝えるなんて不可能だ

   

「今後は伝え方を工夫した方がいいよ♪」的な愛のあるかつ
全く伝わってはいないんだze!ヒャッハー的なアドバイスをもらいました。
とっすぃ悪意受け取りすぎやろ…。

以前からこの問題については気になっており、メール、電話、対面のそれぞれの手段を検証したり、説明の仕方、伝え方を工夫してみたり、それは内容の過不足なのか、口調や文体なのか、それとも相手との信頼や関係性なのか。

これらの組み合わせが何らか影響してそうだけど、決定打には至らず、そりゃそうだな、という結論には至りました。
私側の解決と全く同じ比重で受け取る側の問題も存在するよね。
双方の価値観という標準装備のフィルターを通してやり取りする以上、100%の理解なんてありえない。

これまで数多くの人と分かり合えた!と思ったことがあるけれど、その考え自体が傲慢にも思える。

giesje / Pixabay

これまた最近、バトン指導のときに見せない、バトンを使わない指導について
何度か話すことがあって、様々な温度での「へー。」があったけど、

「下手になってしまうのはいいの?」

って言葉が最も悪い意味で私に刺さった。

見せない=下手になる。それは指導しながら自分の練習をするってこと。
見せる方が、覚えが良いっていう考えもある。
でも、そこにほんの少しでも自分のために、が入ってるなら、その仕事は不純だ。

思いを伝えるのも、技術を伝えるのも根っこは同じ。
自分の思いが相手に伝わることがないとしても、伝える努力を放棄していい理由にはならない。
次の目標は、『自分の思いが伝わらなくても問題なく目的を達成すること』にしよう。

 - 日々の徒然

        

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  こちらの記事もどうぞ

そんなに荒れてるわけでもなく。

世の中の価値観はとても多様で、頭でそのデメリットを理解してはいても、最後は自分の …

正しい指導と勝つ指導、どちらを選ぶ?

フリーランスで振付・指導を請け負うこと10年。 振付の方向性が明確になり、要求に …

大人になると罰ゲームのチャンスが減ることへの一抹の寂しさとか。

【今日の一言】 我が家の天使のような、、、いや、もはや神。 『神様みたいないい子 …

人生2度目の

沖縄に来ています♪ 初雪がしんしんと降る京都から一転、同じ日本でもえらい違います …

人生初体験を味わおう ~キャッチボール編~

人生初体験はどこにだってある。