Let it BEAT?

バトントワーリングを広く世の中へ 佐々木敏道のブログ

第33回(2016)世界大会について

   

スウェーデンで開催された世界バトントワーリング選手権大会が幕を閉じました。
今回私には思うところあるため、これまで行ってきたようなレビュー、分析、結果のまとめ等一切いたしません。

人が努力する姿を美しいと思います。
努力が実って、花開くさまに触れると心が洗われるような気分になります。

どれだけ努力しても目標に届かず、散ってしまうこともあります。
選手の思いを想像し、こころが痛むこともありますし、
そこから立ち上がり、再び歩き始める姿に心動かされたりもします。

結果を目標とはせずに、演技それ自体を目標にそっと区切りをつける選手もいます。

何を目的に。何を目指して。何のために。
これらは、個人の持つ自由であり、権利です。
永久に守られるべき人類の財産だと思います。
他の誰かの自由と権利を侵害しない限り。

私とバトントワーリングの関わりにとってのターニングポイントとなる大会でした。

 - バトントワーリング

        

  こちらの記事もどうぞ

バトントワーリング用の競技コートの規格がややこしすぎる

LEDによって各競技向けにラインを変えることのできる体育館があります。 http …

勝つため?楽しむため?バトントワリング競技に対しての考え

先日とある会議に参加したときのこと。 バトンの先生方と何のためにバトンをするのか …

バトンファンは是非見て欲しい☆映画『たまこラブストーリー』感想+はじめての聖地巡礼

遂に見ました!たまこラブストーリー! これまで執拗に推してきたtosswiですが …

バトントワラーのためのナルシスト養成講座

自信のあるふりをしていると、本当に自信が持てることもある

となりの人間国宝さんにゆかバトンスクールさんが紹介されました♪

皆さまお待たせいたしました☆ 関西テレビのよ~いドン!『となりの人間国宝さん』~ …