Let it BEAT?

バトントワーリングを広く世の中へ 佐々木敏道のブログ

第33回(2016)世界大会について

   

スウェーデンで開催された世界バトントワーリング選手権大会が幕を閉じました。
今回私には思うところあるため、これまで行ってきたようなレビュー、分析、結果のまとめ等一切いたしません。

人が努力する姿を美しいと思います。
努力が実って、花開くさまに触れると心が洗われるような気分になります。

どれだけ努力しても目標に届かず、散ってしまうこともあります。
選手の思いを想像し、こころが痛むこともありますし、
そこから立ち上がり、再び歩き始める姿に心動かされたりもします。

結果を目標とはせずに、演技それ自体を目標にそっと区切りをつける選手もいます。

何を目的に。何を目指して。何のために。
これらは、個人の持つ自由であり、権利です。
永久に守られるべき人類の財産だと思います。
他の誰かの自由と権利を侵害しない限り。

私とバトントワーリングの関わりにとってのターニングポイントとなる大会でした。

 - バトントワーリング

        

  こちらの記事もどうぞ

2年に1度のバトンの祭典!2014世界大会を生中継で見ようぜ!

2014世界大会強化合宿終了☆でこんなことを書きました。 今年もBatonBiz …

京都府スポーツ賞

優秀賞をいただきました@京都テルサ・テルサホール 大学生のときに1度いただいてい …

トワラー必見のどうでもいい小ネタ ~ドラクエ編~

日本全国をこっそり席巻したとかしてないとかで有名なバトントワラー必見のどうでもい …

進路についてのお話。

進路について悩んでいる生徒さんがいます。 Aさん(仮)はバトンのスクールに小さな …

外国版バトンあるある☆トワラーがよく知ってる13個の取り組み~凄腕の棒使い編~

少し前に海外のバトントワラーの間である記事が話題になっていました。 Whethe …