Let it BEAT?

バトントワーリングを広く世の中へ 佐々木敏道のブログ

めんとれっ!第6回『梅酒のロックンロール』 ~バトントワラーのセカンドキャリア~

   

みんなのいないところで密かに練習するのが『闇練』(やみれん)。闇練のことを演劇界では『こそ練』というそうです。
業界によって呼び名が違うとあれなので、今後は『隠練』(かくれん)で統一しません?

これぞまさに、隠練棒(かくれんぼう)…そんな残念そうな顔されたら、こっちもやる気なくすよ?

%e3%82%81%e3%82%93%e3%81%a8%e3%82%8c%e7%ac%ac6%e5%9b%9e%e3%83%ad%e3%82%b4

将来を真剣に考えよう

【登場人物紹介】
胡桃 ぼたん(くるみ ぼたん)…主人公。バトンLOVEな中学2年生。
美豚(びとん)…ぼたんの先生。年齢不詳。
馬豚(まとん)…本編とは関係無い人。

【あらすじ】
じゃんけんには負けたが、大事な練習内容についてはしっかり学ぶことができたぼたん。

 

 

「やたらと横文字使いたがる人っているじゃない。」

美豚先生の話っていつも突然。横文字の人なんてルー大柴ぐらいしか知らない。

 

 

「例えば…ぼたん、やぶからスティックに手を出したって都合よくキャッチできないわよ。」

ルーさんっ!?

 

「ぼたん、バカもホリデーホリデー言いなさいよー。」

さっきから私の悪口言ってるだけじゃ…。

 

「私ね、昔から好きなのよ。ぼたんってワンハンドレット年に1人の大…」

「いい加減にホワイトですよ!もうやめましょうよ!」

「ところであんた進路どうするの?」

えー!横文字使いと何の関係があったの?

 

 

「えーっと。できればバトン推薦で高校、大学と行きたいなと。」

「何しに。」

「バトン!当たり前じゃないですか!」

勉強は大の苦手。その代わり私にはバトンがある!

 

「アスリートのセカンドキャリアって聞いたことある?」

「アストロ球団のセカンド盗塁王?」

あ、横文字…。

「ぼたんわざと言ってるわね。あんたもいつかはバトン辞めるでしょ。」

「えー。考えたことないですし、あんまし考えたくないかも…」

 

「なんでバトンやってるの?」

「楽しいからです。バトンしてるときだけは何も考えずに思いっきりできるし。」

「らしい答えね。あんたみたいにおバカな子、割と好きよ。」

うう。喜んでいいのか微妙だ…。

 

 

「でもね。だからこそ考えてほしいの。今ならバトンの道もバトン以外の道も選べるわ。中高大とバトンに打ち込んだとして、その先は。」

その先…想像できない。

「あらゆるスポーツ選手がぶつかる壁よ。将来を考えることと、来年の目標を立てることは同じように大事なの。あなたの目標は優勝よね。その先の道は繋がっていてほしい。間違ってもバトンがあなたの将来を邪魔するなんてあってはならないのよ。」

来年の目標はもちろん優勝。でも、そのあとなんて考えたことない…。

「先生、バトンにはどんな道があるんですか?」

 

 

「まずは指導者の道。大きく分けてバトンスクールと学校のクラブ活動で教える道があるわ。」

「てことは!BBバトンで私が指導者になる可能せ「ないわ。」

そんなー。せめて最後まで言わせて欲しい。

「うちスタッフ余ってんのよ。私の人徳ってやつかしら。だから無理。」

 

 

「なら、新しいスクール作ります!」

「ま、そうなるわね。でも、この地域スクールいっぱいよ?どうやって人集める?軌道に乗るまでの生活は?」

「そんなのやってみないと…。学校でバトン教えます!それって学校の先生ってことですか?」

「外部講師って道もあるけど、クラブの顧問の方が現実的かな。学校の先生ならバトン部を作ったり、公立ならバトン部のある学校に配属されるかもしれないわ。教員免許が必要よ。」

「1からクラブを作って全国制覇、とか燃える展開ですね!」

 

「ちょっと待った、ぼたん。外部講師は契約次第だけど、顧問はほぼボランティアよ。」

「ボランティアなんですか!?」

「そう。子どもたちのために。」

そもそも私ってバトンを教えたいのかな…?

 

 

「指導者以外の道ってあるんですか?」

「プロトワラーのことかしら。」

「プロぉ!?」

「そう。バトンの演技でお金を稼ぐ人たちのことよ。」

「初めて聞きました。野球とかサッカーなら…。」

「まだまだ知られていないの。別に勧めるわけじゃないけど、どんなに有名なプロスポーツだって最初は無名よ。」

「踊って、回して、生きていく、なんて素敵な人生…」

「そりゃぼたんにとって理想的よね。だからここからは現実のお話。」

珍しく先生が真面目な顔してる。略して珍先生真顔。

 

 

「バトンでお金を稼ぐってことは今とは真逆よね。お金払って好きでしていたことが義務になるの。要するに練習も仕事のうちってこと。」

「お金もらって練習するんですか!?」

「そういうこと。契約内容によるけど、経費は自費だったり、それ以前に仕事もらうための広報とか、オーディションとか。」

 

 

「そうだっ!先生みたいに公演作って出たらいいんですよ!」

「なるほどね。依頼されるより依頼してしまえ、と。」

私って天才じゃない?

 

「公演はね、儲からないわ。現状仕事にはならない。それと、あんた作れんの?」

「今から頑張って振付もできるようにします!」

「あのね、振付だけできたって公演はできないわ…。」

「頑張りますっ!」

 

「発展する先には、解説者とか研究者とかタレントとか、そんな道も拓けるかもしれないわ。」

私の将来。想像するのは難しいけど、やっぱりずっとバトンがしたい!だからこれから真剣に考えよう。

 

「バトンはあなたたちの時代には全然違うものになっているかもしれないわ。そのときまで…トゥギャザーするわよ!」

ルー先生っ…!!

 

【まとめ】
リアルソードなシンキングターイム。
めんとれっ!第7回『北斗七星ソース』 ~メンタルトレーニングの効果~に続く

 - めんとれっ!

        

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...

  こちらの記事もどうぞ

めんとれっ!第10回『天上天下一武道会』 ~脳の性質とイメージトレーニング1~

脳を使いこなそう。 【登場人物紹介】 胡桃 ぼたん(くるみ ぼたん)…主人公。強 …

めんとれっ!第7回『北斗七星ソース』 ~メンタルトレーニングの効果~

先日、『梅酒のロックンロールに感銘を受けた』という理由で梅酒をいただきました。 …

めんとれっ!第4回『クワドラプル・イリュージョン万次郎』 ~うまくなる練習・うまくいく練習 前編~

『クワドラプルイリュージョン…?』 「カトルやろがいっ!」 と思ったあなたは立派 …

めんとれっ!第2回『壊れかけのラジオ体操第二』 ~本番ノードロップを達成する3つの方法 其の二~

ブログに書きたいことがありすぎて選べないっ!ありすぎてむしろ何もないっ! …そん …

めんとれっ!第8回『ママでも金八』 ~トワラーに大切な3つのP~

『好きな芸能人は○○さん!』や『好きなスポーツ選手は□□選手』などはよく見かけま …