Let it BEAT?

バトントワーリングを広く世の中へ 佐々木敏道のブログ

めんとれっ!第12回『人生はワンツー・パンチドランカー』 ~プレッシャーとの付き合い方~

   

私には人の名前を覚える機能がついていません。
かつて毎週見ていたチームメンバーの名前を夏休み明けに完全に忘れました。自分に軽く引きました。頭にうかんだ名前と口からでる音がちがい、そのおかげで正解するときもあります。

そんなわたしの病気を知ってか知らずか、生徒たちに名札をつけてくださる指導者の方へ。
名札をガン見したら覚えてないのばれてまうわっ!(逆ギレ)

おでこに名前を書く…とかどうでしょうか?
あ、それはだめですか。そうですか。

自信のあるふりをしよう

【登場人物紹介】
胡桃 ぼたん(くるみ ぼたん)…主人公。小心者。
神楽坂 雪(かぐらさか ゆき)…ぼたんの友達。大物。
原 礼(はら ぺこ)…ぼたんの後輩。天然物。
美豚(びとん)…ぼたんと雪の先生。生物。

【あらすじ】
純金製のバトンと騙されたおかげで、ぼたんはなんとか練習用のイメトレも学ぶことができた。

 

 

「地球よ…止まれ。」

「ええっ!ぺこちゃんどうしたのっ!?」

彼女は、原 礼(はら ぺこ)。この4月にBBバトンに移籍してきた中学1年生(私のいっこ下だよ♪)。ずーっとほしかった妹ができたみたいですっごくかわいいの!みんなは不思議系(?)って言ってるけど、素直でいい子だよっ☆

 

「ぼっさんへ…ぺこはスピンのしすぎで目がまわっているのであった。」

わたしのことぼっさんって呼ぶのやめてほしいんだけどなー。

「それは大変だ!私も一緒に地球にお願いしてみるよ!」

「…そこの残念な二人、今日はいいから帰って寝な。そんで目覚めなかったらいいのに(ぼそっ)」

美豚先生、登場!ちらっと怖いこと言ったような気が…。

「先生、わたしは大丈夫です!いつだって元気です!」

「はいはい。今日は雪がお休み、か…先が思いやられるわね。」

「今日のテーマは、プレッシャーよ。」

まってましたっ!わたしって昔っからプレッシャーに弱いんだよねー。

 

 

「問題。プレッシャーとは何か?」

「はい。緊張したときに感じるいや~な空気のことです!」

今日は後輩のぺこちゃんいるし、いいとこ見せなきゃね!あれ、ぺこちゃん先生の後ろで何を…?わわっ!先生を力いっぱい押してるよ!小人VS進撃の巨人!?

「ぺこはプレッシャーを表現するのであった。」

 

「…プレッシャーとは、心の重圧、つまり心が押さえつけられて不自由な状態よね。」

先生びくともしていない…。ぺこちゃんガンバ!って違うか。

「先生っ!プレッシャーに勝つにはどうすればいいんですか?」

「簡単よ。自信のある『ふり』をしなさい。」

えー!?それでいいの??

 

「ぼたんは自分のことを自信家だと思う?」

「いいえ…!練習の成果が出なかったらどうしよう!失敗したらどうしよう!っていっつも思っちゃいます!」

「ぺこは、閉会式で演技披露を依頼されたらどうしよう、と思うのであった。」

えええー!ぺこちゃん、地方の大会でそんなのきいたことないよー

 

「ぼたんは自信過小、ぺこは自信過剰ね。」

【かしょう】と【かじょう】って似てるけど全然違うねっ!

「でもね、自信ないよりはあったほうがいいのよ。自信なさそうな演技に希望はないわ。」

「でも、みんなわたしよりもずっと上手だし自信なんて…」

「はい、そこまで。あんた明るいふりしてわりとネガティブよね。」

ううー。

 

 

「そんなプチネガティブなぼたんが自信を持つための方法が、自信のある『ふり』なのよ。」

「でも、わたし…自分にウソつきたくないかも。」

「ぼたんってさ、本番でメイクしないの?」

「そりゃしますよ。それとこれと何の関係あるんですかっ!?」

「あんた普段はすっぴんじゃない。本番だけウソの自分なのね。」

「ちがいますよ!本番は特別なんですよっ!」

「そう。本番は特別な自分なの。自信のあるぼたんになればいいじゃない。」

おおーっ!なるほど!

 

 

「さ、気を取りなおして、自信のあるセリフいくわよー。最初はぼたんから。」

ちょっ、いきなり言われても!

「わ、わたしは…できる!…よね?」

「ぶー。全然ダメ。次、ぺこ。」

「ぺこにはできない理由がない、のであった。」

すごい自信だ!

「悪くないけど、もっとわかりやすいやつないの?」

 

「ぺこの演技に全米が泣いた、のであった。」

「ま、いいか。合格よ。ほい、もっかいぼたん。」

「わわわ…わたし絶対にできますっ!!…先生のお手本も見たいですっ!」

どうだっ!勇気をだしていったぞっ!

 

「ふん。…わたし、最高。」

うおー!名言キター!

 

「たわし、最高。」

バトンの汚れも落ちるよねっ!

 

「わたし、サイコ…なのであった。」

ぺこちゃんまでっ!?

 

「首位☆たこわさ!」

アナグラムっ!なんで大喜利みたくなってるのっ!

 

「ぼたん、プレッシャーとは、失敗を怖れる心のことよ。成功させる自信も大事だけど、失敗なんかに左右されず自分の存在に自信を持てるようになりなさい。」

「存在に自信をもつ、ですか?なんかすごそう…」

「そのための第一歩が自信のあるふり。自信のある言葉を脳が誤認識して、自然とそうなっていくのよ。」

これも一種のイメージトレーニングなのかー。

「プレッシャーに勝とうとしないって方法もあるけど、ぼたんよりは雪の方が向いてるかもね。」

それも教えてほしいっ!

 

【まとめ】
真の希望は勝ち負けを乗り越えた先にあるのよ。

めんとれっ!第13回『13日花の金曜日』 ~実録・偉大なる棒使いたち~に続く

 - めんとれっ!

        

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...

  こちらの記事もどうぞ

めんとれっ!第6回『梅酒のロックンロール』 ~バトントワラーのセカンドキャリア~

みんなのいないところで密かに練習するのが『闇練』(やみれん)。闇練のことを演劇界 …

めんとれっ!第1回『はじめてのchoochootrain』 ~本番ノードロップを達成する3つの方法 其の一~

2015年2月1日から2016年2月1日までメールマガジンにて連載した めんとれ …

めんとれっ!第8回『ママでも金八』 ~トワラーに大切な3つのP~

『好きな芸能人は○○さん!』や『好きなスポーツ選手は□□選手』などはよく見かけま …

めんとれっ!第2回『壊れかけのラジオ体操第二』 ~本番ノードロップを達成する3つの方法 其の二~

ブログに書きたいことがありすぎて選べないっ!ありすぎてむしろ何もないっ! …そん …

めんとれっ!第10回『天上天下一武道会』 ~脳の性質とイメージトレーニング1~

脳を使いこなそう。 【登場人物紹介】 胡桃 ぼたん(くるみ ぼたん)…主人公。強 …