Let it BEAT?

バトントワーリングを広く世の中へ 佐々木敏道のブログ

めんとれっ!第13回『13日花の金曜日』 ~実録・偉大なる棒使いたち~

   

バトンの知名度がなかなか上がってこないので、困っている風です。メジャースポーツになる日を待っているようじゃだめ、絶対☆ちなみにわたしの気になるマイナースポーツ第1位は、『ワイフキャリングレース』。ご存じ奥さん運び競争です。

 

いかにクールにアイロンをかけられるかを競う、エクストリームアイロンがけで世界を狙ってみないか。

偉大なトワラーに学ぼう

【登場人物紹介】
胡桃 ぼたん(くるみ ぼたん)…主人公。
美豚(びとん)…ぼたんの先生豚
雄豚(おとん)…美豚の父豚

【あらすじ】
「わたし、最高」の名言とともに、自分の存在に自信をもちなさいと言われたぼたんだった。

 

 

今日はオフ!BBバトンは、『バトンと学業の両立』を大事にしていて、週に2日はお休みなの。でも、2日もバトンできないなんてありえない!…勉強?あとですればいいよねっ☆
というわけで、ぼたんは自主練にやってきたのでしたー。

 

「さーてとっ。何しよっかなー。今日はいっぱい練習するぞーっと。」

「ぼぉたんちゃんっ!今日はどうしたのん♪」

「誰っ!?お、雄豚先生っ?」

 

雄豚(おとん)先生は、美豚先生のお父さん。審査しながら投げキスしたり、表彰式でメダル渡しながら号泣しちゃうような人。バトンとトワラーをこよなく愛する優しい先生だよっ☆いままで1回だけ怒ったのを見たけど…パレードでわたしたちにからんできた酔っ払いを豪快に投げ飛ばしたときはほんとにびっくりしたなー。

 

「休息も練習のうち、とはいってもやっぱり練習したいよねん?そんな小悪魔ぼたんちゃんにいいもの見せてあげるわ。じゃ~ん!」

雄豚はそう言うとお尻から箱を取りぼたんに差し出した。

 

「どこにはさんでるんですかっ!…ブルーレイ?にしてはぶ厚いような…」

「このお宝はね~『BB美豚のブーブー☆トワリング!』VHSよ。定価4,980円ぽっきりん。」

VHS?…むかしのDVDか!パッケージのもの凄くスタイルの良い女性…び、美豚先生だ…!

 

「さ、いらっしゃい。デッキにセットしてん、、おらぁ、スイッチ再生ん!あ、全部で15時間ちょいあるから、一部だけねん。」

な、長すぎるよ。。

 

 

【第5章・BB美豚がビビビっときた子猫ちゃんズ編】

 

真っ暗な部屋にスポットがさす。金髪で真っ赤なカクテルドレスをまとい優雅に座る美豚。少し斜め上を見つめている。年齢はそう、20歳ぐらいだろうか。

 

―印象に残っているトワラーを教えてください。

「そりゃステイシー・シンガーよね。あの子は輝いていたわ。わたしほどじゃあないけど。」

 

―現在のモンスターロールの原型であるステイシーロールを世界で初めて発表したトワラーですね。

「そう。あれはまじやばかったわ。誰もできなかったもの。わたし以外ね。でもね、あの子が凄いのはテクニックじゃあないの。」

 

―テクニックだけではなく…。

「あの子は女優だったわ。演技が終わるとものすごい勢いで元気にフロアの外まで駆けていくの。そして、バックステージに入った瞬間…!」

 

―その瞬間に。

「怪物みたいに全身で荒い息をするの。軽く引くレベルよ。だから、モンスターロールになったのよね。」

 

―そんな由来だったとは知りませんでした!

「由来は嘘よ。」

 

 

―え…。では、他に印象的なトワラーを教えてください。

「のんのん。」

 

―のん…?あ、高橋典子さんですね!シルクドソレイユの。資料によると、技術全盛の時代のバトン界にあって高い芸術性でチャンピオンとなった稀有な才能とあります。

「ほんとにそう。バトンってこんなに美しいものだと、わたし以外にも美は存在するのだと教えてくれたのがのんのんよ。」

 

―印象に残る美しさだったと。

「驚いたのはそれだけじゃないわ。ある大会でね、のんのんは立て続けにミスしたのよ。あまりのドロップに演技中わたしは悲鳴をあげたわ。」

 

―そんなこともあるのですね。

「それでね、演技直後のコーチとのんのんの会話がたまたま聞こえちゃったの。」

 

―いわゆる反省会ですね。非常に興味があります。

「二人は以前の演技と比べてとても良い表現ができていたと話していたの。耳を疑ったわ。」

 

―普通ならコーチは激怒してそうですよね。

「次元の違う会話だった。ドロップと演技は別物なのよ。ご飯とスイーツは別腹、みたいな感じかしら。」

 

 

―まあ…。そ、そうですね。では、最後にもう一人だけお願いします。

「こま」

 

―こま…駒田圭佑さんですね!世界大会史上初、歴史的偉業のパーフェクト10が記憶に新しい。

「あの子は心が強い、というよりは、無いの。」

 

―は?そんなばかな…。

「心を鍛えようにも無いんじゃ無理よねー!はっはっはー(笑)」

 

―さすがに怒られるのでは…。

「うっさいおと…」

 

―おっと!静かに…。で?どんなエピソードがありますか。

「そうね…ジュニアのときの全日本のお話よ。グランプリ戦の前にたまたま会って元気なかったのよ。緊張をほぐしてあげようと思ってね、緊張してるー?って。そしたらね。あの子なんて言ったと思う?」

 

―とても不安です、とか?

「正解は『お腹空いた…。』よ。」

 

―本番前ですよね?

「そう。あのときは単純に幼いだけかと思ってたけど、もうあのころから無心で無敵だったわけ。そもそもわたしならさ…」

 

 

がちゃがちゃっ、うぃーん。と、いうとデッキの入り口からテープがでてきた。

「わ、びっくりした!終わりですかっ!?」

そっか。雄豚先生がボタン押したんだ。

 

「こっから先は、美豚ちゃんの自慢話が延々続くだけよ。ま、たまにはこんなのも良い練習よねん♪」

美豚先生の負けず嫌いがものすごく伝わってきたよね…。

 

「それにしてもバトンにはすっごいひとたちがいるんですねー。メンタルが強いどころか、無い人まで!」

「ま、あくまで美豚ちゃん個人の感想だからね。いつかわたしがバトンをはじめたきっかけで、永遠のアイドル、BTN48のたかあいこと、高山らぶりの伝説も教えてあげるわん。」

もう、お腹いっぱいです!ごちそうさまでしたっ!

 

【まとめ】
時代設定には目をつぶってちょうだい。

 
第12回~プレッシャーとの付き合い方~に戻る
第14回~緊張コントロール 神楽坂雪編~に続く

 - めんとれっ!

        

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...

  こちらの記事もどうぞ

めんとれっ!第17回『17アイスクライマー』~集中力を高める3つの方法 その2~

それでは、続いての問題です。ノードロの由来は次のうちどちらでしょうか。 1.NO …

めんとれっ!第20回『はれときどき二重まぶた』~本番に強い選手・弱い選手~

「めんとれっ!はtosswiさんが書いたはるんですか?」 と聞かれたので、「び、 …

めんとれっ!第10回『天上天下一武道会』 ~脳の性質とイメージトレーニング1~

脳を使いこなそう。 【登場人物紹介】 胡桃 ぼたん(くるみ ぼたん)…主人公。強 …

めんとれっ!第11回『マハトマ元日』 ~脳の性質とイメージトレーニング2~

カラーバトン&ボール&ティップの登場によりお洒落女子の乙女心を存分に満たしていま …

めんとれっ!第7回『北斗七星ソース』 ~メンタルトレーニングの効果~

先日、『梅酒のロックンロールに感銘を受けた』という理由で梅酒をいただきました。 …