Let it BEAT?

バトントワーリングを広く世の中へ 佐々木敏道のブログ

めんとれっ!第20回『はれときどき二重まぶた』~本番に強い選手・弱い選手~

   

「めんとれっ!はtosswiさんが書いたはるんですか?」
と聞かれたので、「び、美豚先生じゃないですかねー」と。

美豚先生だとすればぼたん視点と矛盾するし、ぼたんが書いている理由もわかりません。
何より『うわー、tosswiさん寒いこと言わはる…』と思われたのではないかと夜も眠れません。
…本番に強い人になりたいです。

緊張を克服しよう

【登場人物紹介】
胡桃 ぼたん(くるみ ぼたん)…主人公
神楽坂 雪(かぐらさか ゆき)…友達
原 礼(はら ぺこ)…後輩
美豚(びとん)…先生

【あらすじ】
スランプと戦うなんてナンセンスだと学んだぼたん。

 

 

◯月✖︎日、某人気番組にバトントワラーが出る!との噂が流れた。バトンをテレビで見る機会は少ない。口コミやSNSを通じて情報は瞬く間に広まった。そして、オンエア当日―――

 

「「「突撃☆隣の人間国宝ちゃ〜ん!!!」」」

コーラス隊のタイトルコールでど派手にはじまるこの番組は、平日の深夜に放送されるBテレ『いちについて!』の名物コーナーだ。

 

≪さあ、今日の国宝ジュエルちゃんは~!Say ho!≫

ご存じカリスマDJノブナガのぶらり旅。今日はどんな国宝ちゃんに出会えるだろう。

 

≪Yo,yo 君かわうぃーね!≫

「わっ!びっくり…ってちょっと雪ちゃん!わたしこの人見たことあるよ!」

「私は存じあげておりませんが…」

「ぼっさんへ。深夜番組を見てる暇があったら勉強したほうがいいのでは、と思うぺこであった。」

本日最初の出会いは、3人組の女の子!

 

 

―――CM―――

 

 

≪ジュエルちゃんたち!おはyo!≫

「お、おはよう…ございます…?」

 

≪おっすオラ、ノブナガ!≫

相手のことなどおかまいなし!それがノブナガスタイル!

 

「ちょっ!ぺこちゃん逆立ちおしまい!」

「ぼっさんへ。ぺこのルーティーンは誰にも邪魔させないのであった。」

 

≪オラ!ノ・ブ・ナ・ガ!≫

「もう!ぺこちゃんっ!雪ちゃんからもなんか言ってよっ!」

 

≪おっす…オラ…≫

「それぞれに合ったルーティーンが大事だと美豚先生もおっしゃっていました。」

「それはそうだけども!でも今は…」

 

≪本能寺以来のピンチだyo!ジュエルちゃんが持ってるそれはバトン?そいつで凄いの見せてくれyo!≫

「あ、ノブナガ…さん?えーっと、凄いのって言われても…雪ちゃんよろしくっ!」

「チームの最後の入っているあの技はどうでしょうか。」

「それ名案!ぺこちゃんも準備してっ!」

3人組は銀色に輝くバトンを取り出し、回しはじめる。それはまるでバトンに生命が宿ったような瞬間で…

 

 

―――――オンエア3日後

 

 

わたしたちは美豚先生から呼び出されていた。どうやら先日のテレビを見たらしい。

「で?言いたいことは?」

「えーっと、人間国宝ちゃんに認定されましたっ!」

凄いの!と言われてやって見せた技をノブナガさんはとっても気に入ってくれた。「Wow! ほととぎすぅーっ!」って叫んでた。そして渡された『人間国宝ちゃん☆』の認定証は我が家の玄関に大切に飾ってある。

 

「わたしから言いたいことは3つ。」

これは、期待していいのかなっ!

 

「ひとつ、ぺこは制服で逆立ち禁止。」

だよねー!わたしもやめさせようとしたんだけどもっ!

 

「ふたつ、ぼたんはノブナガ様の話を聞け。」

ノブナガ様っ!?もしかしてファンとかっ!?だから先生見たんだ!

 

「みっつ、凄いの!って見せた技落とすな、ぼたん。」

テレビの取材なんて初めてだし、ぺこちゃんからあんなに良いトス来たの初めてで驚いたし、2人とも全然ミスしないしで緊張しちゃったんだよねー。

 

「ビューティへ。成功するまでやろうyo!と言ったミスター本能寺は10テイクで遂に諦めたのであった。」

「あっ!ぺこちゃん、しーっ!」

「それで、ぼたんが『本番に強い選手になりたいです!』って言ったときノブナガ様は笑ってたのね。」

あれだけ失敗したのに認定証くれたのは奇跡だよ。

 

「雪ちゃんはなんでミスしなかったのっ!?緊張しなかったの!?」

あの緊張感のなか一度もミスしなかった雪ちゃんは本当に本番に強い。強すぎる。

 

「もちろん緊張しましたが、私にとってあの技が『できるもの』だったからかもしれません。」

あの技をできると言えるなんて…神か。

 

「技が簡単だったわけではないのよ。3人それぞれの実力に合わせて振付しているから難易度はみんな同じ。雪、もう少し丁寧に話してあげて。」

「すみません、言葉足らずでした。最後の技は練習で予定通りクリアしてきたので、わたしにはできると自分に言い聞かせています。」

「これはセルフトークといってポジティブなイメージを取り込むやり方のひとつよ。いつかぼたんにも教えてあげるわ。」

ぜひお願いしますっ!

 

「ぺこちゃんもほとんど落とさなかったよね!?」

「ぼっさんへ。ぺこがあんなゆる番組に緊張するはずがないのであった。」

うそー!本番ではなかったってこと!?

 

「自分にとって一番大事な本番で実践できれば理想的ね。大事な本番だからこそ大事にしない、むしろ捨てるという究極の方法だと言えるわ。」

究極!?それ身につけたいですっ!

 

めんとれ第3回『練習と同じ本番よっ!』のやり方を過激にしたやり方だからやるときは先にあっちを実践してからにしなさい。」

「本番に強くなりたいのなら、道は2つ。緊張に対応するか、緊張しないようにするか。」

雪ちゃんみたいにするか、ぺこちゃんみたいになるかってことだよね。

 

「ちなみに私こと美豚大先生は両方ね。不安をなくして、練習のように本番に臨んだ。」

ふつう自分で大先生って言う?でも、言うだけあるんだよね…。

 

「あなたたちこれからはノブナガ様って呼びなさいよね。」

それはご遠慮させていただきますっ!

 

【まとめ】
前半長すぎてわたしもびっくりしたわ。

第19回~スランプになったとき~に戻る
第20回~本番を楽しむとは~に続く

 - めんとれっ!

        

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...

  こちらの記事もどうぞ

めんとれっ!第5回『おしりペンタゴン』 ~うまくなる練習・うまくいく練習 後編~

『キングオブ駄菓子』と言えば?そうです。うまい棒ですよね。 うまい棒と言えば?そ …

めんとれっ!第13回『13日花の金曜日』 ~実録・偉大なる棒使いたち~

バトンの知名度がなかなか上がってこないので、困っている風です。メジャースポーツに …

めんとれっ!第12回『人生はワンツー・パンチドランカー』 ~プレッシャーとの付き合い方~

私には人の名前を覚える機能がついていません。 かつて毎週見ていたチームメンバーの …

めんとれっ!第6回『梅酒のロックンロール』 ~バトントワラーのセカンドキャリア~

みんなのいないところで密かに練習するのが『闇練』(やみれん)。闇練のことを演劇界 …

めんとれっ!第14回『one for all, all for wonderfull!!』 ~緊張コントロール 神楽坂雪編~

『シューティングスター(流星)』って星を撃ち落としてる感がすごいですよね。 バト …