Let it BEAT?

バトントワーリングを広く世の中へ 佐々木敏道のブログ

トイストーリー3を見る人の最適な条件

   

トイストーリー3を観てきました。
前作から10年、1から数えると15年という年月を経ているトイストーリーシリーズ。
やられた…ひさしぶりに素敵な映画に出会いました。
個人的におすすめするトイ3の見かたは、

 ①1,2をかなり前に観ていて
 ②現在ちょびっと体力的もしくは精神的に病んでいる人
…ターゲットは私のようです(笑)

toy3.jpg
photo by T-ARTS

劇中で10年経っている設定とリアルに流れた時間が一致。これが大きかったと思います。
1~3を連続で観てもこうはなるまい。

冒頭から相当我慢しながら観ましたが、ラスト手前で涙腺崩壊。
隣に座っていた家族連れの女の子が不審そうに私を見ていました。
人形たちの動きが良いのはもちろんですが、今回強く思ったのは『間』。
動いていない「人形」の状態のときの表情や、しゃべるのをやめたときの説得力が十分すぎるほどに伝わりました。

制作に4年。観ている最中には良い意味で作り手の存在を感じませんでした。
見終わってから作り手の丁寧で細やかな仕事に脱帽させられる、そんな映画でした。
また観たいです。

 - 舞台・映画・書籍

        

Comment

  1. en より:

    精神的に病んでるの?

  2. tosswi より:

    当初の目論見に反して真面目に書いたのにそこに気付いてしまいますか。
    どちらかというと身体がね[絵文字:i-235]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  こちらの記事もどうぞ

LIVEPOTSUNEN 2011 『THE SPOT』

小林賢太郎さんのひとり芝居短編集を見て来ました@京都文化芸術会館 ラーメンズの頭 …

イッセー尾形のとまらない生活2007in京都(ネタばれ含)

かねてから観たいと思っていた尾形さんの舞台を初めて見に行きました。 場所は京都府 …

映画『幕が上がる』を本番が怖いと思ったことのある人に是非見て欲しい。

『幕が上がる』を観ました。続けて原作の『幕が上がる』も読みました。 私たちは、舞 …

ARTRACTION

『Artの優美性とAttractionの意外性を昇華させた造語Artractio …

バトントワーリングスペシャルブック『トワラー』vol.2

バトンの専門誌『トワラー』の第二号が6月20日に発売されます。 トワラー(TWI …