Let it BEAT?

バトントワーリングを広く世の中へ 佐々木敏道のブログ

社会人、大学生のためのバトントワリング教室

   

10月17日京都文化祭典’10 ~ KYOTO ART FESTIVAL~のイベント、
市民ふれあいステージに出演しました@梅小路公園

KAF

全部で3曲の演技のうち、私が演技したのは1と3曲目。
でも私にとって今回のメインは二曲目でした。
6月に発足させたB.E.A.T.
①私自身の目指すバトントワリング社会的認知度の向上と
②卒業、就職してもバトンを続けることの出来る環境作り
が現在のB.E.A.T.の目的です。

そのうち①は以前から個人での活動を行ってきましたが、
②が形になったのは今回初めて!
今回のメンバーは皆社会人。
それぞれ時間を作って、練習して、そして参加できたこと。
自らの自由意志で参加できたことがすばらしいと思います。
バトン経験は高校3年間の部活だけという子が大半です。
決してバトンが上手なわけではありません。それでもそこに大きな意味がある。
バトンが少しづつでも上手になるための練習と、大人にしかできない(理解しにくい)内容に挑戦しています。

今回の作品のテーマは
①バトンを回してみよう。
②回すだけがバトンではない。
③回すのはバトンだけではない。
の3つ。

競技を見慣れている人には物足りなく感じたかもしれませんが、(まだ)見えないところでの技術を今後も磨いていきます。
小中学生の競技中心に指導が行われている現状でいままでなかった(もしくは少なかった)環境。
部活動を通してバトンの楽しさに触れた子たちが、卒業、就職後も続けられる環境を作りたい。
それがバトンの発展にもつながると信じております。その第一歩を踏み出しました。
B.E.A.T.の活動に興味を持った方がいましたら、いつでもどうぞ♪

 - 発表・講習・講演

        

Comment

  1. ねぇ より:

    同じことを他の人にいわれたことがありますよ。
    (大人にしかできないっていう)
    体は子どものようには動きを習得できなくても大人は大人なりの道がありますしね。
    大人でやってこそ気づいたこともたくさんありました。
    主婦バレエクラスがあるように、私は学生の延長に限らずもっと上の世代でも活動しやすいようになればいいな、って思います。

  2. tosswi より:

    そうですね[絵文字:i-228]
    将来的に生涯スポーツとして発展する可能性もあると思います♪
    競技以外にもバトンの魅力はたくさんあると思います。
    それを今まさに発掘、発見しているところです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

Loading Facebook Comments ...

  こちらの記事もどうぞ

200 DOORS バトン講習会画像集

バトン未経験者の方に向けての講習会が(願わくば?)盛況のうちに終わりました。 小 …

no image
稽古と懐古

9/4にゲスト出演する劇団壱劇屋『ブラックスペース』の稽古に行ってきました。 演 …

300DOORS

インターナショナルワークショップフェスティバル300ドアーズに今年も参加しました …

コンパルソリー講習会への提言

以前の私は講習会が好きでした。 指導実績のない私に技術レベルの高い生徒を指導する …

B.E.A.T.ShowⅡ 東京へ行ってきたよの巻

東京に行きました。目的は3つ。 自由が丘バトンクラブさんの40周年記念発表会、 …