Let it BEAT?

バトントワーリングを広く世の中へ 佐々木敏道のブログ

ま、マクガフィン。。?

   

映画等作劇上の用語らしい。
Twitterで初めて聞いたこの用語に何かしら感じるものがあった。
簡単に説明すると、Xという物質を手に入れようとする組織とXを守ろうとする主人公側と。
両者にとっては重要なXも作り手、観客にとってはそれほど大事ではない代替可能なアイテム及びその行為を指すそうな。
今現在『バトントワリング』と『芝居』とを舞台上に乗せていてはじめは居心地の悪かった後者に慣れつつある。
慣れてくると次にしたくなるのが追求。
最初から最後まで辻褄が合っていないと気が済まなくなる。
これにはとても微妙な問題を孕んでいて、お客さんに伝わりにくいからしない≠妥協、の曖昧な線引き。
どれをマクガフィンとして扱うかを見誤ると目的を見失ってしまうことになるし、かなり陥ってきたなーと記憶の引き出しを覗く。
実際に演じているから引っかかったこの単語が実は自分の抱えている多くの問題と深い関係にあった。
ミスの許されない舞台上でどこまでリスクを背負うべきか。
完成度を言い訳に戦う前に退いてはいないか。
マクガフィンの駄目な使用例。
相手の理解よりも完成された論理を優先して考える機会を奪ってはいないか。
目的がマクガフィン。
理不尽な相手に正論で畳み掛けるとき。
マクガフィン勢力による武力制圧。
「幕がフィーン♪ってなってたで。。」
苦し紛れの。
お前マクガフィン言いたいだけやろ!と聞こえてきたのでこのへんで。
私が目的を見失って突っ走りはじめたときはぼそっと
「マクガフィンやな。。」と呟いてください♪( ´▽`)

 - アイデア

        

Comment

  1. より:

    じぶん…まくどやな(。-_-。)
    きっと言いたい時にはその単語は出てこないでしょう。。
    そして、マクドに行きたいでしょう( ̄^ ̄)ゞ

  2. tosswi より:

    アイダホバーガーのカロリーは想像以上です。
    お気をつけください(-_-)きりっ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  こちらの記事もどうぞ

バトンを主役に☆マグネティックバトンがとっても面白い

最近ずっと『バトンの面白さってなんだろう…?』を考えています。 きらきら回るバト …

サンプリングミュージック

視覚的効果について考えています。 それは舞台でなければならない理由を探すことでも …

japan-soundmusic.comから佐々木プロデューサーにアドレス変更のメールが届いた。

pieceofgreensky@japan-soundmusic.comの方から …

戦国武将・織田信長とバトントワラー駒田圭佑の共通点とは?トワラー名言集その1

私は名言ってやつが好きです。なかでも誤解を生みそうなやつが特に好きです。 羽海野 …

EXILEに加入する日まであと…85年!

わくわくする記事に出会いました。 EXILEがこのペースで増え続けると、85年後 …