Let it BEAT?

バトントワーリングを広く世の中へ 佐々木敏道のブログ

本気だからこそ成長する。高校バトン部を卒業したあるトワラーのメッセージから

   

一人の高校生からメールをもらいました。一年生のときにコーチとして指導、その後振付師という形で関わった子です。
コーチを引き継ぐときに私はこんなことを言ったそうです。

『せっかくバトンに出会ったのだから卒業まで自分の意志でやり遂げてほしいと思います。やり遂げたうえで何か見つかるのか、まだまだと思うのか、ますます分らなくなるのか。答えは人それぞれ。でもそれはやり遂げた人間にしか感じることのできない大切な何かです。』と。

もちろんそんなこっぱずかしいことを言った記憶などありませんが( ̄▽ ̄)おお!佐々木言いそうやな☆と思います。
大事なのはその後の文章。

「それをしっかり感じることができました。」

今私が抱えている問題のひとつ。
妥協と自己満足の境界線。

相手に何か伝えたいときに、ベストとは思えない選択をしなければならない状況があります。
言葉を選んだり、内容を噛み砕いたり。
それが妥協としか受け取れなかった時代に彼女とは出会っています。

相手が理解できなくとも、能力を超えていようともおかまいなし。
100を要求し、50ぐらいまでは這い上がってこい!的な考え方。
それを思い出しました。
彼女は要求した100に対して120を身につけていました。
私が知らない間に。
とても嬉しいことです。と同時に私の指導者としてのあり方を振り返るきっかけになりました。
バトン指導に対して誇りが持てるのはこういった経験の積み重ねによるものです。
本当にありがとう。
そして、卒業おめでとう\(^o^)/

 - バトントワーリング

        

Comment

  1. arukopan より:

    素晴らしい体験ですっ!o(^▽^)o
    ほんとにそうだなあ~とブログ見ながらウルっとしちゃいました!
    私もがんばります!
    o(^▽^)o

  2. さつきです(笑) より:

    コメントをするべきか、やめておくべきか悩んだのですが…
    嬉しかったのでコメントします!!初コメントです(笑)
    メール嬉しかったです!
    そして、この記事も嬉しいです☆
    先生からのメール保護してます!
    2年生のときは先生からのあのメールを励みに頑張っていました!3年生になってからはメールはあんまり見ていませんでしたが、大会が終わってからもう一度読み返してみると…今までに感じたことのないものがグッときましたので、先生にお礼のメールしました!
    楽なほうに流される『さつき』にはなりません!
    本当にありがとうございましたm(__)m
    p.s.ウサビッチ使って頂けたら嬉しいです(笑)

  3. tosswi より:

    >arukopanさん
    指導を通して学ぶことが年々増えていっている気がします^^
    >さつきちゃん
    しまった!まさかのご本人登場。。[絵文字:i-277]
    本当によく頑張ったんだなーとしみじみおもっています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  こちらの記事もどうぞ

トワラー必見のどうでもいい小ネタ ~ドラクエ編~

日本全国をこっそり席巻したとかしてないとかで有名なバトントワラー必見のどうでもい …

チーム作品における自己反省と自分賛歌、そして感謝。

私が受け持ってきた高校のお話です。

曲をかけると踊り出す?バトントワラーのダメな習性

一筆申し上げます。 『曲をかけるととりあえず踊りはじめるトワラーの習性』を昔は意 …

第40回(2015)全日本バトントワーリング選手権大会まとめ

―今年の全日本選手権が幕を閉じました― 夢叶ったトワラーも、惜しくも届かなかった …

スポーツ科学的研究がバトントワーリングにもたらす効果を考える。

祝水曜定期更新初回☆絶賛自画自賛中。 大阪体育大学にてバトントワラーの選手測定が …