Let it BEAT?

バトントワーリングを広く世の中へ 佐々木敏道のブログ

第32回(2007)全日本バトントワリング選手権大会報告

   

tiger

無事に!?選考会と全日本が終りました。

日本代表に選考されたこと。
2バトンでグランドチャンピオンになったこと。
どちらも非常に嬉しいことでした。

同時に大きな大きな反省点もあります。
フリースタイルでは仕上げきれずに本番を迎えてしまいました。
とりかかりが遅かったことが最大の原因です。

2バトンでは完成度を最大の課題に今大会に臨みました。
しかし前述のフリースタイルの影響から関西の予選以後ほとんどの練習時間をフリーに割いてしまったため、こちらも練習不足を感じながら当日を迎えてしまいました。
完成させることの厳しさを再び身をもって知ることとなりました。

応援してくださった皆さん、ありがとうございました。
大会中も大勢の方に声をかけていただきたくさんの力を頂きました。
またここからはじまります。
これからもよろしくお願いいたします。

 - 大会・競技会・選手権

        

Comment

  1. ちえ より:

    お疲れ様でした。そしておめでとうございます。
    また佐々木さんのフリースタイルが見られると思うと今からとても楽しみです。
    佐々木さんの演技を観ると「やっぱりあたしバトン好きやなぁ」と感じます。
    これから夏に向けてとてもハードになるんでしょうね。がんばってください。

  2. tosswi より:

    私も大会を見るたびにバトンの魅力を再発見してしまいます[絵文字:v-343]
    頑張ってみます♪

  3. haruko より:

    反省の仕方が、私にとっても懐かしく、何だかとっても感動しましたよ!素直さが懐かしいです。
    バトンって心を真っ直ぐにしてくれるんですね!
    忘れてしまってるそういう心・・・・
    自分のことばかりで申し訳ない。。。
    これからもがんばって下さい!
    応援していますよ!

  4. tosswi より:

    私も日々折れそうになる心との戦いです[絵文字:i-229]
    でもたまにはこんな失敗が自分を強くしてくれる気がします♪

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  こちらの記事もどうぞ

第8回WBTFインターナショナルカップの気になる変更点とか

日本バトン協会のHPが更新されました。 第40回全日本選手権の実施要項が発表され …

バトンに観劇文化が育たない決定的な理由

昨日の熊本を震源とする地震の被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。 安 …

no image
29th World Baton Twirling Championships & 4th Internationl Cup

http://www.worldbaton2008.com/ 既にご存知かもしれ …

メダルの数で振り返る、過去30年間のバトン世界大会の歴史

1980年に始まった世界大会も今年で32回目。 第32回イギリス大会で日本は20 …

不名誉の負傷。

日本刀を振りかざし、 『わしが平和を取り戻すんじゃ、ごるぁ』 など口走るおっさん …